ここ最近は、株式・不動産投資をはじめとした不労所得で生活資金を得た…

詐欺|今のご時世では、株・不動産投資をはじめとした不労所得で生計を立てたり・・

この頃では、株式・不動産投資などの不労所得のほかに自営業や起業といった形で生きる方法も人気です。一概に「自営業は安定しない」といったこれまでの考えも変わってきています。高度経済成長期の際には先行きがみえない自営業といった稼ぎ方よりも雇用されて働くほうがずっと安定性があり、人のあるべき形として、一般常識化していました。そういった社会全体が安定成長する時代は過ぎ去り、現代は「成熟期」という名が表現します。コンピューターの進化とともに、近い将来では自動化・機械化が顕著になり、社会においては人手がいらなくなっていくと言われています。

自らが転職を考えていた時期にかなり何個かの人材紹介会社に登録していたのですが・・

私は以前かなり多くの人材紹介会社に登録していました。その時に特に感じたのは転職アドバイザーのレベルに関しても驚くほど色々あって大抵は満足のいく対応をしてくれないアドバイザーばっかり。こちら側は人生がの大事な事なのにもっと心して向き合ってほしいという想いがこみ上げました。それがきっかけで私はキャリアカウンセラーを目指すことになりました。その資格を取得するためには経済的な負担にもなりました。また勉強の面もとてもハードなわけですが、お仕事を探している人から頼みとされる人間になるべく努力しています。

就職活動において、年収は極めて大切な要素です。

就職活動において、年収はとても大事な要素です。面接の時、現職の年収だけでなく、将来的な希望年収額についても質問されるはずです。実際の年収を偽って、多く申告し、転職先で多くの収入を得ようとしても、無駄でしょう。というのは、最終的には源泉徴収を提出しなければいけないので、一度は信じてもらえたとしても、その証拠となる「源泉徴収票」を提出しなくてはいけないので、必ずウソがバレてしまうためです。最悪の場合、トラブルを引き起こすこともあるので、現在の会社での年収をハッキリと伝え、それに釣り合った希望年収額を設定するのがもっとも無難といえます。なお、今の年収が300万円の人が転職後すぐに500万円となる見込みはまず無理です。年収が400万なのであれば、400~450万と伝え、希望は450万で設定する程度を考えておくことをおすすめします。完全なウソは、転職活動でのトラブルだけでなく、入社後のトラブルとなって、一時的に入社できたとしても、退職しなければならないという事態になることもあるので、気をつけましょう。

転職で職場を新しく換えるということは、自分自身に…

再就職して職場を一新するということは、自身に合う職業に転職したいものです。あなたに適した仕事に出会うかもしれません。とはいえ、楽しいことばかりではなく、雇用側が必要とするスキルを持っていないと、転職自体が難しいです。表現を変えると、あなたの才能次第で、「天職」に出会える可能性も高くなる、ということです。今の時代は職業選択の自由が権利として受け入れられているので、転職を選択しても偏見を持たれて、居心地の悪い思いをすることもありません。事実、終身雇用が崩壊に向かいつつあるこんにち「即戦力になる人材が欲しい」と思っている企業もだんだん増加しているので、今の良い時期を有効活用してみてください。

再就職をする時に気にかける募集内容の情報というのは…

仕事を変えようと考えている時に目を光らせることになる募集内容については目安として、アバウトに掲載されている確率がありますから、書かれていることは100%正確なことだとは安易に信頼しないほうが賢明です。なかでも生活に大きくかかわってくる給料面においては、社員を平均して出した値なのか?最低限保証されている給料であるのか?それとも最高値の金額であるのか?という評価ができないケースが多く、自分で勝手にとらえてしまうと、後から悔いが残るかもしれません。という事で、そうならないためにも、募集要項に書かれていることはだいたいのものだと考えて、そのような重要な内容は会社の方に直接確認を取るのがよろしいでしょう。