今後転職活動をされるなら、気になる求人(OR 業…

転職活動をされているのなら、気になった求人(もしくは業・・

これから転職活動をされるなら、気になった求人(業種)を見付けるたびに絶対「〇〇業、ブラック、デメリット」でネットで検索を掛けてみましょう。求人票や担当してくれる転職エージェントからはその業界に関するマイナスとなる面は、アドバイスしてもらえません。もしも、ブラック案件が多い業種であれば、簡易的なネット検索によってその実態を知ることができます。そういった実態を理解しないまま、入社した場合、あとから痛い目にあいます。その求人が出ている理由が「仕事内容がキツイから人の出入りが激しい」ということも少なくないため、気になった案件について、注意したほうがいいです。

詐欺|きちんと失業保険の給付を振り込んでもらうためには、職を探していることを証明しなくてはいけません。

現実に失業保険の給付を受けるためには、職探しをしているという証明が必要となります。しかしながら、「会社から解放されたし、少しの間でもゆっくりしたい」というのが本音でしょう。そこで、真剣に就業先を探しているように見せる方法は、あります。月に一回ハローワークに行って担当スタッフと面談するのは必要ですが、その場にて、求人票の閲覧は最低限しておきましょう。本気になって探すモチベーションがわかないときは、求人票で職探しをしているフリをして、(ハローワークスタッフとの)面談時に「労働条件のいい仕事や自分にピッタリな仕事や、希望する仕事が残念ながら見つかりませんでした」と相手に報告し、次に期待しましょう。

詐欺|数年前は求人情報に募集条件の中に「性別」が、当然のように書かれていました。

今までは求人情報には、必要とする人材の「性別」まで当たり前のように記載されていました。しかし現在では、「男女雇用機会均等法」が成立した影響もあり、採用時、男女の差別をあってはならない事が決まり、募集要項の条件に「性別」を明記できなくなりました。ですが、募集する企業側には男性・女性のどちらでも良い、とは真意ではないのです。なので、実は男性が希望のジャンルに女性の採用希望者がやってきたり、女性希望の会社に男性が来てしまい、といった問題は誰にでも起こる可能性があります。もしも、「女性が活躍できる仕事場です」と記載される案件の場合は、会社側が「女性」を必要としている、と認識しておくできます。

たいていの場合は大手企業は「定期採用」がメインなの・・

多くの場合大手企業は「定期採用」で人材を確保するため、転職で入る事は簡単ではありません。そのうえ、都市近郊部~地方となるとその見込みは低くなりそうです。けれども製造業の会社の場合、都市部でない地方の工業団地の近所に工場を構えていることがはずです。そういう地方工場では事業分野の拡大とともに「中途採用」を併せて行っているので、このタイミングに転職するのも悪くないでしょう。地方の工場に転職しようと思うなら、希望する企業の情報を把握し、ホームページにアクセスして、求人がないかしょっちゅう確認すると良いでしょう。

転職時の面接に転職したい会社へ赴いたときのことですその会社で会議室・・

転職のための面接を受けに転職したい会社へ行きました。たまたま会社の部屋がすべて他の客でつまっているということで外部のある場所で人事部の方と待ち合わせて採用面接をし、当該会場で解散し、面接をした方もそのまま自宅に直帰されるとのことでしたが、ところが自宅からの最寄駅が同じ。ですから電車内においても面接官と一緒に話しながらいっしょに帰宅することとなり、結果として打ち解けて話が盛り上がり、それが功を奏したからなのかなんとか採用を勝ち取りました。