今後転職活動をするのなら、気になった求人(もしくは業界・・

詐欺|転職活動の最中、気になる求人(あるいは業種)を見つけたら…

  • 将来転職活動をするという時は、気になる求人(あるいは業界)を見つけたら、マメに「〇〇業(気になる業種)、ブラック」とインターネットで検索を掛けてみましょう。求人票や転職サイトの担当者からは業界に関するマイナス部分について知らせてもらえません。もしも、やましい箇所がある場合は、簡易的なインターネット検索によって一発で本来の姿を理解できるでしょう。そうした面を知らずに入社した場合、あとで痛い目にあいます。その求人が出ている理由が、「内容がきつく、人が辞めて穴が開く」といった場合も多くあります。気になる案件・業種については、下調べをしてから応募しましょう。

  • 失業保険の給付は、「就職活動」しているという証明が必要となります。

  • 実際に失業保険の給付を振り込んでもらうためには、仕事を見つけようとしていることを理解してもらわなければいけません。けれども、現実は「会社に行かなくて良いし、少しの間でも仕事をせずにゆっくりしたい」と思う人が多いとは思います。ですので、真面目に求職活動をしているように見せる方法は、あります。毎月の「ハローワーク」での面談は言うまでもなく必要ですが、求人票を閲覧することが少なくともやっておきましょう。本気になって探す気持ちが出ないときは、「求人票」にさらっと目を通し、ハローワークスタッフとの面談のときに、「やっていけそうに思える仕事が残念なことに今回はありませんでした」と、相手に告げて、次の機会を探すというやり方もあります。

  • 詐欺|何年か前までは求人情報に雇用主の希望する「性別」がきちんと明記されていました。

  • 以前は求人誌に募集要項の中に「性別」について、明記されていました。しかし今現在では、「男女雇用機会均等法」の影響によって、採用する際、男女の差別がないようにしないといけないルールとなり、求人情報のなかに「性別」を明記できなくなりました。それでも、求人側は、性別に関係なく雇用するかといえば、そんなことはありません。実際に、実際は男性が希望の業種に女性の採用希望者がやってきたり、逆に女性希望なのに、男性が応募してくる、といった問題は誰にでも起こる可能性があります。たとえば、「女性が活躍している職場です」と記載のある求人募集の場合は、雇い主となる企業側が「女性」を必要としてる、と読むのが良いでしょう。

  • 一般的に見て一流企業は「定期採用」で人材を確保します。ですから、…

  • 一般的に大手企業は定期採用中心です。ですから、転職希望で入りたい場合は、時期を考慮しておく必要があります。また、郊外~地方となるとその機会はたいへん低くなりそうです。例外的に、製造業の会社に関して言うと、都市部でない地方の工業団地で運営していることが可能性が高いです。また、そのような地方の工場なら、事業分野の拡大時に人員募集をすることも珍しいことではありません。このチャンスに転職するのも悪くないでしょう。地方の工場での転職をされる場合は、転職を希望する企業の情報を把握し、ホームページを覗いて、求人予定の予定はあるか、ちょこちょこチェックしてみてください。

  • 転職の採用面接を受けに転職したい会社へ行きました。

  • 転職時の採用面接に伺いました。偶然会社の会議室が空いていないとのことで社外の会場で人事部の人と待ち合わせて面接をして、その場で解散、面接担当者も会社に寄ることなく自宅に直帰されるとのことだったわけですが、ところが自宅の最寄駅が一緒だったのです。ですから電車の中においても面接官と一緒に話しながらいっしょに帰宅することとなり、おかけで緊張が解けて面接しているよりも話が弾み、それが良かったのか何事もなく採用を勝ち取りました。