以前は看護婦ですが看護師というのは働く者としてやは…

昔は看護婦という名前だった看護師は働く者としてやっぱ・・

  • 看護婦という名前だった看護師というのはどうしてか女性の割合がすごく大きい職です。さらに、気力それに体力へのひどく消耗が激しい特徴もあります。したがって職場の対人関係のいざこざや、自分の結婚や出産といったそれまでとは同等の勤務が継続できなかったりして、仕事と家族との折り合いをつけるのがかなり取りづらい職業といえます。実際に、上記のような問題に行き詰まり、転職する人が多いといいます。色々と過酷な環境であるために、人手不足の状況になっています。常にどの医療機関も看護師を募集する「売り手市場」となっていて、それが転職希望が後を絶たない状態に拍車を掛けています。

    詐欺|先週新しい仕事を見つけるために人材バンクに登録をしに足を運びました。

  • 昨日転職のために人材紹介会社へ登録に出向きました。そのとき私のカウンセリングのために出てきた担当の方が見た感じ会社に入って間もない社員のようで、私が説明したことの2分の1も彼は理解できてないようでした。しかも「このキャリアデザインではダメですね」とか「自分の強みについて知っておくことが必要です」とか、知ったかぶりに偉そうに言うので大変嫌な気分になりました。カウンセラーはいくらか能力のある社員に、してほしいと感じます。

    詐欺|再就職の面接において企業側からクールビズでお越しくださ…

  • 転職の時に行われる面接時の身なりは企業側からクールビズでも大丈夫ですよと言われる場合がありますが、なかには、クールビズで伺うのは実際は減点対象になるのでは?とマイナスに考える人もいます。クールビズについての迷いを懐に感じている方々に伝えたいのは、企業側からクールビズOKだと言われた面接なら、書かれている内容を素直に聞き入れたほうが無難です。疑心暗鬼になってしまい、すごく汗がでる時期にスーツをびしっと着用すると逆に不自然ですから、クールビズで良いと伝えられたらクールビズで構わないのです。

    クールビズのスタイルで再就職の面接場に出向く場合、さすがにジャケッ・・

  • クールビズ(軽装)スタイルで転職の面接場に出向くときには、ジャケットはさすがに着用しなくても安心であると間違いなく分かるわけですが、ネクタイに関してはつけて行った方が無難です。ネクタイはなくても良いと認める企業もある場合もなくはないです。ですが、ネクタイだけは例えクールビズが推奨されていても必ずするべきだと考えている企業がいくつか存在します。それゆえに、クールビズの恰好ではネクタイはしていった方が印象が良くなるということを伝えておきます。

    転職を進めるには、相応の準備は必要不可欠です。

  • 再就職をスムーズに行いたい場合、相応の準備は必須です。そんな中でも目に見えるファッションは重要なことだと感じてしまいます。でも、ここ数年の、企業面接については私服がOKな会社も多いので、スーツを着て面接に行く必要がない場合もあります。とくに創業間もない会社などは、柔軟な考えをしていることが多く、私服で面接をした方が、良いイメージを持ってもらえます。さらに、正装でないので、ざっくばらんに話をしやすくなります。そして私服だと、面接の間に、洋服の事で話題が広がることがあるので、もしかしたら面接担当者へのアピールにもなります。というわけで、転職は企業の「設立した年」に注目してみて、(ベンチャー系などの)面接の際は私服で勝負してみるのもアリかもしれません。