働いていた会社で性格のきつい上司に心をすり減らし、ついには…

働いていた会社で怒りっぽい上司に悩み、最後には我慢ができなくなり退職し…

勤めていた会社でパワーハラスメントを行う上司に悩み、耐えきれなくなりその会社は辞め、同じ業種の別の会社に働き先を変えました。その会社では上司で悩むこともなく非常に充実した日々でしたが、ゆっくりと会社の収益が少なくなり、最後には経営統合されました。そしてその統合した先の会社がなんと前にいた会社で、加えてものすごく嫌いだった上司がもう一度私の上司となることになりました。こういう悪いめぐり合わせとは、どれほど縁があるのでしょう。言うまでもなく再度の転職活動をスタートしています。

詐欺|そのうちでも転職することをするのなら、今いる業務や…

今から転職しようと思うのなら、直近の業務や仕事の何に不満を感じているのかを明確化する事が必要です。当然と思われますが、意外とそうでもないのです。そもそも気に入らないことが限界に達しているから転職したいと考えているのは分かります。しかし「ちゃんと現状の会社の客観的に考えた問題なことを挙げる」ことを大半の人はやっていません。不満点解消なら、他の条件が現状より悪化する事をどこまで許容するかも考えましょう。自分の悩みをきちんと可視化しておくと、転職における後悔を減らせます。そのあとに、仕事を変えることで「今の仕事よりも不便になりそうなこと」を想像してみましょう。転職がスムーズに叶えられたとしても、職場や仕事に全てに満足できるものは少ないからです。しかし、メリット・デメリットの両方をあらかじめ理解しておけば、転職してからのモチベーションの低下は防ぐ事ができるでしょう。

詐欺|新しい職を探すとき、ネットでのエージェントに頼る方法もあります…

就職活動において、ネットを介して就職斡旋してくれる業者(エージェント)すなわち斡旋をしてくれる会社が存在しますが、もしもそういったエージェントに登録し新しい会社で働くことになった場合でも、失業保険の給付を受け取ることはできないので気を付けましょう。ハローワークを使わずに就職が決まったとしても失業保険の給付対象にはならないので注意しなければいけません。これに対し、「ハローワーク」主導で斡旋してもらい、就職できたときは、就職のための必要なものを揃えるための「一時金」を支給してもらえることになります。ネット上でのエージェントは公的機関では無く、転職を斡旋し紹介料と言う形で企業から報酬をもらうだけであり、失業保険とは無関係です。こういった点を知らないでいると、失業中に給付金を手に入れなくなる事態になるので、気をつけておきましょう。

詐欺|最近の転職を取り囲む状況は、政治による影響が出始めています。

昨今の転職を取り囲む状況は、政治による影響が出つつあります。内閣総理大臣である安倍総理が主導する現政権によって、「アベノミクス」「三本の矢」といった経済政策が複数、展開されています。内閣が打ち出した経済政策共々金融政策とも、たがいに作用しあって財界や企業間でも今までにない社会的な変化が具現化されてきています。そのこともあって民間企業のあいだでも若い世代の減少と現役世代の大量退職による人手不足が社会問題として拡大しています。将来、「外国人労働者」の比率を現状よりも増やしていく、と現内閣は方針として掲げています。国内の雇用や転職問題についても大きく幅が広がりそうです。こうした社会的変化のなかで国内の雇用状況や転職状況も大きな影響が出てくるはずです。

再就職先を探している間は、そんな風に過ごすつもりもない…

転職を決めるあいだは、つい時間に余裕がある分、だれた生活になりやすいですよね。しかしながら、そんな過ごし方を常習化させるのは危険です。人間というのは、気の緩んだ、ダラダラとした生活が当たり前になると、「心」も不健全な状態になるからです。気づけば、働く意欲がなくなり、経済的に困ってしまうかもしれません。そうすると、負のサイクルができてしまい、次の勤め先が見つからなくなります。再就職先を決められないのは、給料を第一に考えてしまうからです。お金を最優先事項に転職先を探すことになると仕事内容を重視して転職に踏み出したとしても思い通りの仕事ができるかわかりません。ですから、お金に縛られない生活をする意味でも、だれた生活は、(転職活動中には)不必要です。