失業することによって得られる失業保険は、失業していることが給付の必要条件です・・

詐欺|失業時の助けになる「失業保険」は、給付されるためには失業中であることが必要ですが、…

失業した人に給付される失業保険は、失業状態でなければもらえませんが、給付期間が決まっています。それまで働いていた期間によってかわり、90日だったり120日だったりするのですが、なんと知らないで期間の制限がないと勘違いして「失業保険を受け取れるあいだは遊んでいよう」という人がいますが、後々あと1か月しかもらえないと分かってから焦りつつ仕事を探しても良い結果につながらない可能性が高いのです。転職候補となる会社の面接官も無能ではないので、「いつ失業したか?」「失業してからどのくらい時間が経過したのか?」「その間、何をしていたのか?」といった箇所はだいたい相手(面接担当者)にバレてしまいます。状況によっては、面接官からその手の質問をされることもあります。答えに困ってバレバレの嘘をついたりしていると、合格する可能性は限りなくゼロに近くなります。

転職先を探している期間は、「趣味」に没頭することに加え…

転職期間中は、自身の趣味に打ち込んだり、体力づくりを意識しておくと良いです。会社が決まり、いざ仕事を再始動したときに、趣味に夢中になっていたことで気付かないうちに集中力が上がります。さらに体力アップしているために、その場の社員さん以上に疲れにくい身体になっているということを認識します。なので、退職して転社先が決まるまでは自分が興味のあるなことに力を入れることと、体力を落とさないようにするのが何より良い事なのです。このあと、同じ会社内で同様の趣味の方と巡り会えれば、会話が盛り上がります。ですから、これまでやってみたかった物事に挑戦してみるのも転職期間の自由な時間の使い方です。

詐欺|求人情報にはほとんどの場合、普通の職場では月の給与が記載されているはずです。

求人関連の情報では、とうぜん多くの株式会社では月収がしっかりと記載されていますよね。しかしこの月収の項目を頭に入れる時には、深く確認する事が大切です。その多い少ないだけで納得しないようにしましょう。そのわけは場合によっては、月収の金額の中身に「毎月10時間の残業」が含まれているおそれもあります。つまり残業代の金額をトータルすることで金額を多く見せ、応募者を増やそうとするケースも考えられるのです。さらに「歩合給」を基本給以外に考える、という案件も要注意です。その歩合を過大に計算に織り込んでいる可能性が考えられたりします。そういうわけで、その手の表記された数字どおりとなる見込みがない会社には注意が必要と言えるかも知れませんね。

転職活動において最後にクリアしなければいけない難問として、…

転職活動をする上での最後に残る難関として、今の会社の退職があります。転職先から採用の内定をゲットしたとしても、現在勤務中の企業があなたを慰留するというのも起こりがちなケースです。そうなった場合、何があっても退職する、という強固な信念を持つことが必要です。もしも会社に残るように説得されて、一時は思いとどまったとしても、一度辞めたいと思った会社は、近い内に辞めることになるでしょう。退職を効率的に行うには、会社の規定に目を通しておき、退職に必要な日数を超過する年月以降の退職日設定と、退職届を用意しましょう。そのあとで、決定権のある上司と相談し、「退職についての交渉は、すべてお断りします」と遠慮せずに伝えます。円満退社になるよう心掛けるのも転職活動において大事な要素となってきます。

「シフト制」がある仕事についての話です。

これはシフトの仕事についての話です。毎週、同じ曜日に働ける人を募集している求人を頻繁に見ますが、もしも応募しようと考えているならシフトの提出方法や休み方について、面接時に確認しておいたほうが良いです。それはなぜかというと、以前に私自身が、出産のため抜ける人の代わりにと正社員として就職したのですが、私のシフトがそこが「土日」固定のシフトだったのですが、新人の私以外は、他の社員は現場に出ないといった状況でした。産休に入った人が土曜、日曜は必ず出勤していたので、私も同じタイプと思われていたようです。実際「土日」に冠婚葬祭が入った場合、シフトを変更してもらう必要があり、上司に「結婚式で休むので代わりに出ていただけませんか?」と私から連絡を入れなくてはいけませんでした。立場も給料も同じなのに土日を私だけに任せるのは納得できませんでした。今思えば本当に腹が立ってきます。