失業者が受け取れる失業保険は、失業しているあいだが給付条件となります…

失業した人が受け取れる失業保険は、失業中であることが給付のため必要ですが、…

  • 失業時の助けになる「失業保険」は、失業中であることが給付のため必要ですが、ずっともらえるわけではありません。離職時までに働いていた期間によって変動し、3ヶ月とか1年と決められるのですが、中にはこの事実を知らない人がいたりします。失業を続ける限り給付されると勘違いして失業保険で食べていけばいいと考えて遊び続けている人もいますが、給付の残りが1ヶ月という段階でようやく気づいてから慌てて転職活動を始めても条件のよい仕事を探すのは至難の業です。転職先の面接官も無能ではないので、「いつ頃失業したか」「失業から、どのくらい経つか」「その間、何をしていたか」といったことくらいはだいたいバレると思っておくべきです。状況次第では、面接官から何をしていたか質問されることになり、答えに困ってとんでもないことを言ってしまったりすると、不合格となるおそれもあるので要注意です。

  • 転職期間中は、趣味に時間を費やすことに加え、体力の向上を意識してお・・

  • 転職先を探している間は、自分の好きなことに時間を費やすことに加え、体力を損なわない生活をしておくと良いでしょう。仕事が決まり、仕事を再始動したときに、趣味に夢中になっていたことでいつの間にか集中力が養われます。さらに体力アップしているために、他の社員と比較すると疲れにくいということを自覚します。そのため、休職中は自分の趣味に力を入れることと、体力を維持させるように努力をしておいて損はありません。将来、その職場のなかで同じ趣味を持つ人と知り合えたのなら、話が盛り上がります。ですから興味のあることに積極的にトライしてみるのも転職期間の自由な時間の使い方です。

  • 求人関連の情報誌やサイトを見てみると、とうぜん多くの職場で・・

  • 求人についての情報では、ほとんどの場合、まともな企業では月の収入が明記されています。ただしこの月収の欄を確認する時には、しっかり確認する事が大切です。その数字だけ見てわかってしまわないほうが無難です。実は案件によっては、月収の金額の内訳に「毎月20時間分の残業」を含んでいるかもしれません。それは残業代を入れて金額が高く見えるようにしている場合もあります。このほか、「歩合給」をプラスする、といった案件も要注意です。歩合を過剰に多い前提で月収を多く見せているケースもあるんです。このような「不誠実」とも取れる詭弁を弄する案件には注意が必要と言えるかも知れませんね。

  • 転職活動における最後に残る壁として、今勤めている企業からの退職があります。

  • 転職活動の最後の壁として、「今勤めている会社をいかにして辞めるか」という問題があります。転職先を見つけたとしても、現在勤務中の会社があなたを手放したくないとして慰留することも珍しくありません。仮にそうなったとしても、何があっても退職する、という強い意思を保つことが大切です。仮に引き留められて、残ったとしても一度辞めたい、と思った会社は、結局は長続きしないでしょう。退職を成功させるには、まずは会社の規定に目を通し、退職の要件を満たす、日数を超過する年月以降の退職日設定に加え、退職届を作成しておきます。そのあとに、決定権のある上司と談判し、「退職にあたって、いかなる交渉も受け付けません」と堂々と伝えましょう。「円満退社」で現職を終えることも転職活動において必要不可欠です。

  • 詐欺|「シフト制」のある仕事についての話なのですが、一定の…

  • これはシフト制のある仕事についてです。毎週、決まった曜日に仕事できる人を募集する求人を頻繁に見ますが、休む方法の詳細やシフトの提出方法については面接時に聞いておいたほうが良いでしょう。それはどうしてかというと、前に私は出産のため抜けた人の代役として、正社員の仕事をはじめたのですが、私のシフトがそこが「土曜、日曜」固定のシフトだったのですが、新しく入った私以外、他の社員はだれも出てくれませんでした。産休に入った人が土日は必ず出勤していたので、私もそういった形で扱われたしまいました。なので「土日」に冠婚葬祭の予定が入った場合、シフト変更を前もって伝える必要があり、上司に「結婚式で休むので代わりに出ていただけませんか?」と私自身がお願いしなくてはいけませんでした。給料も立場も同等なのに土日を私ひとりだけに任せるだなんて・・・。思い出す度、本当に異常な職場だったんだと思います。