婚活を取り組む中で、ふと、「どんなコーディネートをするべきか?」…

結婚活動をしていて、ふと、「どういう服装をすればベストなのだろう?…

  • 結婚活動を真剣にやっているうちに、ふと、「コーディネートはどんな感じが受けが良いだろう?」という疑問が生じますよね。仮にあなたが、服選びのセンスに自信がないならアパレルブランドで「マネキン買い」をすることをオススメします。なぜなら、アパレルショップのマネキンが着ている洋服のコンビネーションは、(上から下まで)アパレルで生計を立てているプロによってしっかり選定しているので、失敗するリスクがないからです。好感度を得やすい万人向けのコーディネートになっていることが殆どなので、服装についてお困りの際は、上から下まで「マネキン買い」で雰囲気を掴み、また同時にファッション雑誌などを見たりして、(ファッション雑誌だけでなく、色んな人の人たちの服装に目を向けてもコーデの勉強になるし、刺激になります。)応用が効くようになるといいですね。

    婚活でやっているパーティーは、自分が選ぶ立場でもあります…

  • 婚活でするパーティーでは、自分が男性を選ぶこともできますが、逆に、男性から選ばれる立場でもあります。また、この婚活でやっているパーティーでは、いいなと思った相手から選ばれないことには進展とはなりません。できるだけたくさんの参加者にあなたをパートナーとして支持してもらうためには、コツを知っておく必要があります。婚活でするパーティーは、大体1対1で、参加者全員とわずかな時間ですが、会話するチャンスがあります。出会った際に、はじめと最後に好印象となるように笑顔を見せるんです。すると、結果は大きく違ってきます。実にシンプルなことですが、結果がかなり違うのです。あとは会話の間は短時間で済みますので、ニコニコ楽しく過ごしているだけで大丈夫。しかし、最初・最後の2回の笑顔については、意識して、相手に好意を持っている、と伝わるように、確実にあなたのことを素敵だな、と思ってもらえるように素敵な笑顔を忘れないようにしてください。笑顔の有無によって、結果は相当に違ってくるので、良い結果を残せるように、忘れずに実践してみてください。

    結婚活動目的で開催されるパーティーをやっていくうちに…

  • 結婚活動パーティーに参加をすると、毎回でなくとも気に入った異性から、LINEでの連絡先を教えてもらう事もあると思います。もしも、そうなったら、勿体つけずに、パーティー直後に、そのままメッセージでアピールしてみましょう。もしかして、すぐにメッセージするなんて、必死すぎてドン引きされるかもしれない、と思いますよね?でも婚活ではスピードが命で、ノロノロしているとせっかくのチャンスを逃してしまいます。せっかくLINEを交換しても、時間が過ぎていくほどに、送るキッカケを見出しづらくなり、相手ともフェードアウトしてしまう場合もあります。あなたがLINEですぐにリアクションを取ることで、言葉はなくても「私はあなたに関心がありますよ」と伝えられます。「人見知りだから、なんだか恥ずかしい」と思う気持ちを抑え、婚活のチャンスを生かすべく、LINEで連絡してみてください。

    結婚活動でやっているパーティー、及び婚活サイトをキッカケに…

  • 結婚活動でやっているパーティー、及び婚活マッチングサイトといったものを通して一体、どれくらいの人が結婚をしているのでしょう。なんと、割合としては2、3割のようです。婚活をしている身としては、あんまりいないな・・・という風に思われたかもしれませんね。だけど、実際、結婚にまで至った相手とは、婚活をしている場所とは違うところで知り合うことの方が多いのです。婚活中の人は、そういった現実を踏まえ、日頃の生活の中で「出会い」の頻度を高められるように努力してみましょう。どこに異性との出会いが転がっているか本当にわからないからです。また、ちょっとした出会いによって結婚できたりもするので、前向きな気持ちでがんばってみましょう。

    詐欺|結婚活動中の男女が持つ悩みのひとつが、会話ではないでしょうか。

  • 婚活している男女が持つ悩みの多くがコミュニケーション能力ではないでしょうか。奥手な性格で会話ができない、と心底悩んでいる人たちは、すごく多いのです。「どんな風にすればいいのかわからない」と行き詰ってしまったら、無理に頑張らないことです。それから、異性と話すことに緊張しすぎてしまわないようにリラックスしてください。相手に自分を必要以上によく見せたいと思ってしまいがちですが、そのような気持ちが返って裏目に出ることもあるのです。そういったわけで、かっこ悪い姿を見せたくないと思ってしまうのを抑え、もっと気を楽にして相手との会話を楽しむようにしましょう。またその際の話題は、テレビで注目を集めている出来事や、あなたの身近にある出来事といった、ちょっとした内容を話して問題ありません。