婚活目的のイベントには色々なものがあるわけですが、お見合いパーティーは一期一会でありますか…

婚活目的のイベントには様々なものがあるのですが、なかでも、お見合いパーティーというのは一期一会であるの・・

結婚活動には色々なイベントがあるのですが、なかでも、お見合いパーティーというものは一期一会なので、最初の印象がものを言うのです。この第一印象ですが、実は、多くの人が気にするであろう顔とかスタイルよりも、トータルの印象をほぼ決めつけるヘアスタイルやファッションの方が肝心なことなのです。女の人の場合は、女子アナウンサーを参考にするとベストでしょう。女の人らしくて賢そうな印象が目指すものです。膝丈くらいのワンピースを着用してジャケットを羽織る、アンサンブルニットに膝丈ほどのスカートとかが好感触です。色は青や緑とかの寒色系は避け、ピンクベージュやオレンジ系統のやさしい印象の色合いにすると、女らしさを引き立ててくれるでしょう。

詐欺|かつて、結婚活動でやっているイベントで知りあい、カップルとしては成立しなかったもの…

前のことですが、結婚活動目的で行われるイベントに行った際、その場では、カップル成立とはならなかったものの、連絡先を教えあった男性がいました。その人と改めて会ってデートすることになったんです。その男性と食事してから、公園に行ったり、普通にデートをしました。夕方になって、もう帰ろうかなと思っていたら帰ろうかなと切り出す前に、その男にとつぜん僕と付き合って欲しい、と告白されました。私に好意を持っていくれたことは嬉しかったのですが、あれこれ会話をしてみて、私のタイプではなかったので、「すみません」と、お断りさしてもらいました。そしたら、その男性の態度は豹変し、すっと帰ることができず半ば軟禁状態になって、何時間ムダにさせられました。人格が豹変する男性が婚活の場にいるのか、と教訓を得られました。ですが、このような経験は、嫌ですね。

婚活中の私の知人には、婚活でやっているイベントのベテランがいるのですが…

私の友人のなかには、婚活が目的で開かれるイベントを熟知している子がいます。毎週、かならずパーティーに出席していて、今までで100回近く行っているんじゃないかという、ベテランです。毎週、かならずパーティーに参加しているわけですから、当然、その子はシングルです。そんなにたくさん出席しているのにどうしてシングルなのかというと、結婚相手を見つけることには興味がなく、婚活イベントで参加した女性の中で存在感をアピールすることに興味があるからです。初めのうちは、その子も結婚相手を探す目的で参加していたみたいですが、美人なため人気が上位になる事も多く、ちやほやされることが嬉しくなってからは、婚活自体がどうでもよくなり、男性に気に入られるのがくせになったといいます。参加の目的が変わってきてしまったようです。結婚はまだまだ先になりそうです。

私は、明るい性格で、相手が誰であっても意思をハッキリ伝えるのが好きです。

普段は明るいほうで、ポジティブなタイプですしハキハキした受け答えをします。結婚活動でやっているパーティーでは、慎ましやかなかわいらしい女性を演じてみたかったけど、結構難しいんです。それ以前に自分で恥ずかしくなることもありました。ですが、ある婚活が目的のパーティーに出席した際は、控えめな女性になりきることができました。周りに私を知る人がいないという事もあって、勇気を出して、「聞き上手」な態度を全面に出してみました。いつもの私は、「おしゃべり」ですが、最後まで、わたしから話す事をしないで、男性の話をニコニコ頷きながら聞くだけ、という実にシンプルな方法でいきました。普段のわたしとは全く違うキャラクターが良い結果を出すことにつながりました。

結婚活動を始めた際は、私の仲の良い友達が良さそうな人を紹介してく…

結婚活動していたころ、私の友達が異性を紹介してくれることがよくあり、色々と世話をしてくれていました。紹介してもらう相手のことは、前もって、どんな感じの人が教えてくれるのでとくに心配もなく二人で会うことが多かったわけですが、食事の席、お酒がある場でもあるし、お互いに充分大人ですから、愛想よくするのがマナーだと思うんですよ。ですが、出くわした男性のひとりが常識ある大人とはいえない態度だったのです。オシャレのつもりか知りませんが深めにかぶっていた帽子を脱がないまま、会話しようとしても目も合わせようともしないで、本当に無愛想な態度だったのです。その空間に二人きりなのにそれはないんじゃないでしょうか。そんな無愛想な態度をとられたら、私のことが気に入らなかったんだと普通は思うと思うんです。でも、帰ろうと一言も言いません。そうなると私の方でも、その人の態度に困ってしまい理由をきくと、「人見知りなんです」とのこと。(・・・)それを聞いて本当に呆れてしまいました。わざわざ、色々と手配して席を設けてくれた友達夫婦になんだか申し訳なくて彼と別れた直後事情を話し、謝ることにしました。でも、私が悪かったのかな?