新卒後最初に働いた会社で性格のきつい上司に神経を使・・

昔働いていた会社でのことですが怒りっぽい上司に悩まされて・・

新卒で採用された会社で嫌で反りが合わない上司に憂鬱な気分にさせられ、結局我慢ができなくなり退職し、同業他社に乗り換えました。新しい会社では上との関係も良好で勤務することができてとても満足のいく毎日でしたが、じわじわと会社の業績が悪くなり、とうとうとある会社に経営統合されることとなりました。奇遇にもその統合先の会社が驚くなかれ前にいた会社で、加えて非常に嫌いだった上司が再び私の上司となることに。こういう悪いめぐり合わせとは、どれだけ縁があるのでしょうか。当然ながらもう一度転職活動を開始するつもりです。

そろそろ転職やることに当たっては、今現在の業務での納得いかない部…

明日からでも転職活動を希望しているのなら、今いる職場や仕事での納得いかない部分を洗い出しておきましょう。当然できていると思うと、意外とそうでないのです。もともと不満な点があるからこそ、転職しようと思われているはずです。が、「きちんと仕事や業務の客観的にみた問題点を挙げる」ことを大半の人はやっていません。不満点が明確化できれば、その不満が解消されるなら、他の条件が現状より悪化する事をどこまで許容するかも考えましょう。この点を徹底しておくと転職選びでの失敗は大きく減らせます。そのあとに、仮に転職した場合、「今より何が不便になるか」を想像してみましょう。転職できたとしても、転職すれば現在抱えている悩みが全て解消されるとは限らないからです。しかし、メリット・デメリットの両方をあらかじめ理解しておけば、転職してからのモチベーションの低下は防ぐことが可能です。

詐欺|職探しをするにあたっては、ネット上で就職を斡旋してくれる業者(エージェン・・

就職活動において、ネット上で就職を斡旋してくれる業者(エージェント)要するに斡旋を行う会社が存在しますが、もしその種の業者に登録してその結果新しい会社で働くことになった場合でも、失業保険を受け取ることはできないので要注意です。ハローワークを通さずに就業しても失業保険は給付されないので注意しなければいけません。なお、「ハローワーク」を通じて斡旋してもらって就職したときは、就職のための準備費用として、一時金が受け取れることになります。インターネットを拠点にする就職斡旋業者(エージェント)は、公的機関ではありません。彼らは、企業側から「紹介料」を受け取るのみで、失業保険とは無関係です。知らない場合は、失業中にお金をもらえない状況になるので、注意が必要です。

最近の転職における状況ですが、政治による変化が出始めています。

政治による影響がでつつある転職事情ですが、内閣総理大臣である安倍総理が主導する現政権によって、アベノミクス「三本の矢」など、新たな経済政策を打ち出し、経済政策共々日銀主導の金融政策との相乗効果によって、財界・企業ともに新時代となる社会的な変化が出つつあります。そのような変化の中で、一般の企業では労働人口の減少による人手不足が社会では大きな問題となっています。ちなみに「外国人労働者」の総数を現状よりも増やしていく、であると現内閣は宣言しています。転職問題についても大きく幅が広がりそうです。このような社会的変化によって日本国内の雇用・転職状況も大きく変わっていくのは確実といえます。

詐欺|転職を決めるあいだは、無意識のうちに時間に余裕がある分…

転職期間中は、知らず知らずのうちに時間が有り余っている分、だらけてしまいがちです。ですが、そのような状況は避けるほうが賢明です。それは、緊張感のない、だらけてしまった生活を続けると、肉体的にだけでなく、「心」にも悪影響が出やすいためです。そのうち、仕事をしようとする意欲を失い、生活ができなくなり困ってしまいます。そうして、悪いサイクルにはまり転職先をうまく見つけられなくなります。将来の決断ができないのは、給料を一番に考えてしてしまうからです。お金を最優先に考えざるを得ない状況ではやりたかった仕事を求めて転職に踏み出したとしても結果はあまりいいものとは言えません。ということで、お金に縛られない生活を始める為にダラダラした生活は、止めておきましょう。