昨今では、株式・不動産投資などといった不労所得で儲けたり、…

詐欺|近年では、株や不動産投資等の不労所得、あるいは個人経営 や起業を目指す人も増えています。

昨今では、株・不動産投資をはじめとした不労所得で収入を得たり、独立や起業を目指す人も増えています。そのような世の中の変化もあり、「会社員は安定がない」といった考えも変わってきています。1960年代ごろの高度経済成長の頃には、安定しない自営業よりも組織の一員のほうが大いに安定性にすぐれ、人生の正しい進路として、またそれが当たり前であるかのように、社会に認識されていました。そういった社会全体が安定成長する時代は終わり、今のような時代は「成熟期」という風にも言われています。コンピューターの進化とともに、近い将来では自動化・機械化が顕著になり、多くの仕事で人の手を必要としなくなる時代がやってくる、とも言われています。

私が転職を考えていた時期にたいへん多くの人材紹介会社に登録していました。

求職中のころ割とたくさんの人材紹介会社に登録していたことがあります。転職アドバイザーの質が驚くほど多種多様で大方は物足りなく感じる担当者でした。こちらは人生がの大事な事なのにもっと気持ちを込めて向き合ってほしいという考えが募って、そんなことがあったこともあり自分自身がキャリアカウンセラーになりたいと思うようになりました。その資格を取るためには費用もいりましたし勉強もとてもきつかったのですが、仕事を探している方から信用される存在になるために頑張っています。

就職活動において、年収は非常に大事な要素です。

就職活動において、年収はかなり重要なポイントです。大部分の企業で現在の年収と転職後の希望年収について聞かれます。このとき本当の年収を偽って、多く申告し、転職先で多くの収入を得ようと試みても、無駄な努力でしょう。というのは、結局は源泉徴収を提出することになるので、もし一時的に信じさせたとしても、あとで「源泉徴収票」が必要になるため、最終的にはウソがバレてしまいます。運が悪ければトラブルに発展することもあるので、現職での年収を正確に相手に伝え、それに釣り合う希望年収額を設定するのがもっとも無難といえます。例をあげると、今の年収が400万円の方が、急に年収500万になるようなことはほとんどありえません。もし、今、430万円の年収であるのなら、希望額は400~450万円であると伝えておくのが良いでしょう。あからさまな嘘は、転職活動でのトラブルばかりでなく、入社後のトラブルとなり、入社できたのを直後に退職しなくてはいけなくなるかもしれません。

詐欺|転職して職場を新しく換えるということは、自分に見合・・

再就職することで仕事先を新しく替えるということは、自分自身に合う勤め先を見つけたほうが良いということです。勤務先を変えることによって、あなたにうってつけの仕事に出会うかもしれません。けれども、プラスの面だけではなく、雇用側が必要とする能力がないと、良い仕事に就くことは難しいです。表現を変えると、自分の価値をあげれば、「天職」に出会える、というだけの話です。現在の社会では職業選択の自由が一般的に認知されているので、勤め先を変えても偏見を持たれて、肩身が狭い思いをすることもありません。終身雇用制度が死語となりつつある昨今、「優秀な人材が欲しい」と願う企業も増えているので、このチャンスに乗じて転職されるのも良いかもしれません。

転職を考えている時にチェックすることになる募集要項については・・

仕事を変えようとしようとしている時に注視する募集事項は、通常のものとして載っている、という可能性があります。ですから、情報として載っていることを全部正しいことだとはあてにするのはやめておいたほうが最善だと思います。特に生活に大きくかかわってくる報酬面に関しては、平均なのか?それとも最低限の金額なのか?一番高い給料なのか?といったジャッジができる人は少なく、独断で判断してしまうと、後になって嫌な思いをする事もあるでしょう。そんな訳で、そんな風にならないためにも、募集要項に関しては、おおまかなものだと思って、そういったようなとても重要なことは会社の方に直に確認するのがベストでしょう。