派遣として就業しています。派遣法や労働契約法のからみ・・

派遣で勤務しています。派遣法や労働契約法の関係で不本意ですが…

派遣社員として勤務しています。派遣法の関連で不本意にもずっと働いていた派遣先での仕事があと数週間で終わります。仲間の派遣社員の中には派遣先の企業から直接雇用の待遇をゲットした方もいるのですが抜擢された理由としては正直仕事ができるわけではなく派遣先の上司の扱いがうまくてそのおかげで採用されたみたいです。仕事ができるかどうかよりも上司正社員転がしスキルが重要なのかなーと他の派遣の仲間と派遣先の職場でいつも不満をたれています。

詐欺|現在、ブラック企業がメディアで取り上げられたりして・・

現代では、「ブラック企業」に厳しい目が向けられるようになり、労働条件についての取り締まりが強くなったり、社名の公表がなされるなど、厳罰を処する流れにありますが、まだまだ物足りない状況です。そこで、面接で見破る必要が出てきます。ともかく、求人票などに記載された労働条件をチェックし、不安に思う項目についていろいろと質問をぶつけましょう。おおよそブラック企業であれば、記載内容がウソだったときに、返答が詰まります。回答を避けるなど逃げようとすることが多いです。「給与」「休日」「残業」の箇所については、質問をしつこくしていると、渋い表情を見せるケースが多くあります。それでもめげずに尋ねていくと、ふてくされた態度を見せるので、ブラック企業だと見破ることができます。この手の会社は、募集要項無視し、入社後もふてぶてしい態度を見せることが多いため、この手の会社は、募集要項を守らない上に、入社してもふてぶてしい態度を頻繁に見せる可能性が高いので、少しでもおかしいと感じたら、その会社は選択肢から除外しておきましょう。

詐欺|私は20代で転職を2度行い、そして今、資格を手に入れたいので…

20代に転職を2度行い、そして現在、資格の勉強をしながら、派遣社員になりました。フルタイムの勤務ではないのでやはり手取りは安いのですが、ですがその分、心と時間に余裕ができました。学生時にもっと資格を取得し、仕事に活かしたかったという思いもあります。やはり、実際、そういった成功例を間近に見てしまうと羨ましく思います。以前までの私は今の自分と他人をどうしても比べてしまい、落ち込むこともありました。しかし今では、結婚してから、過去と比べ生活環境も大きく変化し、以前よりもそのなかで将来の進路も定まったので自分の人生に満足できるようになりました。

このような話は知り合いからの話です。

知人からの話です。就職活動を始めて在学中の就職活動でどうしても入社したかった目標であるA社で行われた入社試験で、最後の役員面接までいきながら採用されず、後にやむを得ず他の会社に就労しました。3年経過した頃に派遣求人サイトを閲覧していた際偶然にもA社の紹介予定派遣の仕事を発見することができ、じっとしていられなくなってその時働いていた会社を即座に辞めて、A社で派遣の就業を開始、一生懸命頑張ってその後予定通りにA社で正社員として働くことができ、今となってはやりがいを持ちながらいきいき働いています。

再就職の面接などにおいて面接担当者に名刺を手渡されたら・・

転職の時の面接などの際に面接担当者が名刺を渡してきた時、自分も同様に名刺を差し出す方が良いのか?差し出さなくてよいのか?と対応の仕方に悩んだ場合は、一般的には渡す必要はないと頭に入れておきましょう。転職のための面接とは仕事ではなく、仕事を得るための採用活動の一部なので、基本的には名刺を交換する時とは異なります。それに、会社の人間としてその場にいるのではなく、あなたの問題でこの場にいるわけです。ですので、相手側から名刺を渡されたとしても、こちらとしては、ただ受け取るだけでよくて、担当者に相手の方にあげることはないと思われます。