派遣社員として働いています。派遣法や労働契約法の関連…

派遣社員として勤務しています。

派遣社員として勤務しています。労働契約法の関連で残念ながら長い期間働いた企業での勤務を終了しなければなりません。派遣仲間の中には、派遣先の会社から直接雇用の位置を手に入れた人もいるのですが選ばれた理由としては正直に言うと仕事ができるわけではなく派遣先の上司へのごますりが上手な人でそのおかげで採用されたように思えます。業務処理能力よりも上司にゴマをする能力の方が必要なのかなーと派遣仲間達と派遣先の会社で愚痴る毎日です。

近時は、ブラック企業がメディアで取り上げられたりして…

今日では、ブラック企業がマスコミで取り上げられたりして、労働条件違反の取り締まりが強くなったり、社名の公表がなされるなど、損をするシステムができてきましたが、完全とはいえません。それゆえ、面接で見破る必要があります。はじめに、求人票などに記載された労働条件をチェックし、ひとつひとつの項目について、色々と質問してみましょう。相手が「ブラック企業」な場合、記載情報に「ウソ」だったら返答が曖昧になります。その場では答えられないなど逃げようとします。とりわけ「給与」「残業」「休日」においては、詳しく聞いていくと、渋い表情を見せることが多いです。それでも迫ると、ブラック企業特有の高圧的な態度や、ふてくされたかのような態度を見せるので、ブラック企業だということに気づきます。このような会社は、嘘をつく体質であるといえるので、「何か引っかかる」と思ったなら、入社は止めるべきです。

20代前半で転職を2回した為、そして今、資格取得のために…

これまで20代前半の時点で転職を数回し、現在、資格を取る目的で派遣社員として企業に採用されました。常勤の勤務とは違うのでやはり給料が少なくなってしまいました。ですが、心と時間に大きな余裕が生まれました。思い返すと、学生時代に資格を取得し、仕事できれば良かったのに、とは思います。また、実際、そういった成功例を間近に見てしまうとうらやましいなと感じます。以前の私は、成功している人と自分との違いにガッカリする毎日でしたが、今は結婚を契機に私の生活自体が大きく変わり、前よりもそのなかで将来の進路も定まったので私も新たな目標に向かっています。

こういう転職ができたという話は知り合いから聞いた話です。

こういう転職という話は従兄からの話です。始めに在学中の就職活動でどうしても勤めたかった目標のA社の入社試験で、最後の役員面接で不採用となり、その後嫌々ながら他の会社に入りました。1年経過したぐらいに派遣の求人サイトを見ていた際奇遇にもA社の紹介予定派遣の仕事を見つけ、じっとしていられなくなって当時働いていた会社をすぐさま退職し、A社に入って、派遣の業務を始めて、真面目に頑張ってそれから先憧れのA社で正社員になれて、現在においては仕事のやりがいを持ちつつ楽しく勤めています。

詐欺|再就職の時の面接などの際に担当者に名刺を差し出された場合・・

転職の面接などにおいて名刺を差し出してきたら、あなたも同様に名刺を差し出す方が良いのか?差し出さなくてよいのか?と対応の仕方に悩んだら、大体は差し出すことはないと考えておいてください。転職のための面接というのは仕事の延長ではなく、仕事を得るための採用活動の一部です。ですから大体は名刺をやりとりする時とは異なります。そのうえ、あなたは立場上会社の人としてその場にいるのではなく、あなた個人のことでこの場にいるわけです。なので、もしも相手の方から名刺を渡された時でも、あなたは名刺を受け取るだけで大丈夫で、相手側に渡す義務は少しもないと思われます。