現在、婚活している人や、これから婚活しようとするつもりだという人…

詐欺|今まさに、婚活真っ最中の人や、今から婚活しようと思っている女性の…

今まさに、婚活中の女性や、これから婚活しようとするつもりだという女性の結婚活動で行われるパーティーを含む、結婚活動をしていく上でのファッションは、ハッキリした色は着用しない方がベターです。特に黒・赤は避けましょう。この2色については成功率をがくんと落とすので要注意です。その一方で、ベージュ系、ピンク系、ラベンダー系のような淡い色が人気が高く、好感度を得やすいようです。お化粧の場合も同じで、普段、アイライン・マスカラなどを使用して、きつめのアイメイクをしているという人は、丸い目を意識して控えめなアイメイクが理想です。そういう化粧の方が、男性からの反応が良くなります。リップも赤系・ベージュ系の使用は避けピンクの艶つやな感じで、バックやアクセサリーなどの装飾類は、ハイブランド物は控えたほうが得策です。婚活をしている男の大半は、ブランド物に熱を上げる女性や、派手なメイクの女性から距離を置きたがるのが普通です。

以前、結婚相談所に入会していた時、紹介してもらった相手のお見合い用に用意された写真…

かつて結婚相談所に在籍したいた際、相手のお見合い写真と実物の姿の差に驚くことは正直言って、少ないわけではなかったのです。私は女なので、紹介してもらっていたのは男性ですが、とりわけ髪の量が全く異なることがあるのです。待ち合わせの時に発見することができないほど、お見合い写真よりも髪のボリュームがあからさまに少ないのです。私はそのようなことを特に責め立てようというつもりはないのです。髪の量が少ないということが悪いという訳ではありません。ただし「写真にうそがある」というのは、信頼関係が悪くなるのでは?と思うのです。お見合い写真を撮影する際にそういったようなボリュームにできるのなら、大事なお見合いの日に一生懸命頑張ってセットしてきてもらいたいですし、もしも、できないのなら最初から本来の髪型で勝負すべきではないでしょうか。嘘をつかれたような気分になって、お見合いにおいても感情が入らなくなります。男性の方はよく考えて私と同じように感じている女性は多いはずです。ですから、男性の方はしっかり考えてお見合い写真を撮影された方が絶対に良いと考えます。

婚活、という場面で自身の内面を表す場合に、「優しい」という言葉で表現する・・

婚活の場面で自身の内面を説明するとき、「包容力がある」と伝えるのは一般的かもしれません。とはいえ、それだけだとあまりにもありきたりすぎて、婚活、という場面では、周りに埋もれてしまうおそれもあります。ですので、印象に残るようなベストな答えとは言い難いです。婚活の場では、短い時間で相手に自分を知ってもらうことが大切です。婚活的にはどういった言葉で表現するのがいいのでしょうか。この場合、「包容力がある」ではなく「相手の主張を受け入れる」みたいに、あいまいな表現を減らし具体的な言い回しに変えてみましょう。ちょっとした差ですが、同じ心の持ち方を伝えるにしても「誠実さを感じられて、好印象だ」と捉えてもらえやすくなるので、ライバルよりも記憶に残りやすくなります。

詐欺|「婚活系サイトはなんとなく怖くて踏み出せない」と踏み出せない人は少なくないはずです。

「結婚活動サイトを利用するのは、なんとなく怖いイメージもあるし・・・」という風に思っている人は多いはずです。実際に、婚活サイトができた頃には、婚活サイト内でトラブルに巻き込まれる事例や、個人情報が漏洩するなどの色々とトラブルがありましたが、近頃は、大手上場企業が運営していたり、色々な工夫がされているため、サイトが登場したころのようなリスクを気にすることなく、利用する人も右肩上がりになっているのが現状です。だけどもしも、リスクを気にされるのでしたら、認知度の高いフェイスブックと連動した婚活サイトを活用してみるのも手です。そして、フェイスブックは、本名以外では登録ができないので、安全性が高いです。

婚活イベントに出向くときは、8センチ丈以上のハイヒール…

結婚活動目的のパーティーに出向くときは、8センチ以上のハイヒールに使用は控えるのがベストです。このことに関しては、私も初めて知りました。それに、あまり知られていないようで、気にしていない人が少なくないようです。実際に、婚活目的で行われるパーティーでも、高めのヒールを履いている女性を見かけます。会社によっては、ヒールは○センチ以内、という決めごとがあったりします。結婚活動で行われるパーティーでNGなのも、同じような理屈が影響しているのでしょう。男性よりも目立ちすぎないように、圧迫されるような感じを抑える、男性への気配りが求められるというワケですね。私は背が高いのでそもそもハイヒールを履くことはありませんでしたが、身長の低い女性は、それを隠そうとするあまり、ヒールが高かったりするんです。婚活で満足いく結果を出したいのなら、3から5センチ程度のヒールにとどめておくのが無難なので無理にハイヒールを履く必要はありません。