詐欺|これから転職活動をするのなら、気になる求人(または業…

これから先、転職活動をされるなら、良いと思える求人(あるいは業種)…

  • 今から転職活動をされるなら、気になった求人(または業界)を見つけたら、マメに「〇〇業、ブラック」でネット検索でチェックしておきましょう。求人票や転職サイトの担当者から入ってくる言葉からは、その業界のマイナスにあたる箇所は、知ることはできません。もしも、ブラック案件が多い業界であれば、インターネット検索ですぐにおおまかな実態を理解できます。そういった手間を惜しんで入社してしまうと、あとで痛い目にあいます。そもそもその求人が出ている理由が、「内容がキツイからスタッフの出入りが激しい」というケースが少なくないため、気になった案件について、納得するまで下調べをして応募するようにしましょう。

  • 実際に失業保険の給付を受けるためには、仕事を探していることが必要なのです。

  • 現実に失業保険の給付を受けるためには、求職活動をしているという証明が必要となります。とはいえ、「会社に行かなくて良いし、少しの間でも仕事をせずにゆっくりと過ごしたい」と思うのが現実だと思います。というワケで、本当に就職活動しているように見せることができるので教えておきます。月に一度ハローワークに行って担当スタッフと面談するのは当然になりますが、そこで、求人票を閲覧することが必ず行わなければいけません。まじめに探す気持ちが出ないときは、求人票で職探しをしている芝居をして、(ハローワークスタッフとの)面談時に「労働条件のいい仕事や自分の能力を生かせる仕事や、希望する求人が残念ながら確認できませんでした」と相手に言い、次の機会を探すというやり方もあります。

  • 数年前の求人情報には、募集条件の中に「性別」について、…

  • 以前は求人誌に必要とする人材の「性別」まで書かれているのが一般的でした。しかし最近では、1985年に男女雇用機会均等法ができたことによって、男女の求人・採用差別をあってはならないルールが敷かれ、応募条件のなかに男女の文字を見ることはなくなりました。そういった変化があるものの、求人募集をしている会社は、男性・女性どちらでも等しく採用するとは限らないのです。ですので、実際は男性希望のジャンルに女性が応募してきたり、女手が必要な案件に男性が来てしまったり、といったトラブルもひとごとではないのです。仮に、「女性が活躍している仕事場です」と紹介されていたら、雇用主が働き手は女性を必要としている、と認識したほうが良いです。

  • 詐欺|たいてい大きな会社は、「定期採用」で人材確保することが多くを占めます。ですか…

  • 一般的に一流企業は「定期採用」で人材を確保するため、転職で入る事は容易ではありません。そればかりでなく、都心を離れると転職の確率が厳しくなるでしょう。ですが製造業の会社においては、地方の工業団地周辺に製造工場を置いている少なくありません。また、そういう地方の工場に的を絞れば、事業拡大と並行して「途中採用」を行っているので、このチャンスに転職を考えるのも悪くありません。地方の工場に転職しようと考えているなら、転職を希望する会社についての下調べからあらかじめチェックしておきましょう。ホームページを見て、求人予定がないかときどきチェックすると良いでしょう。

  • 詐欺|転職時の面接に出向いたときのことです。

  • 転職の面接にある会社に行きました。その日に限ってその会社にある会議室が空きがないというわけで社外のとある場所で面接官と待ち合わせて採用面接が行われ、その場所で解散、面接を行った方も会社に帰らず自宅直帰されるとのことだったわけですが、ところが自宅最寄駅が私と一緒。それで電車内でも面接官とずっと世間話をしながら帰ることになり、すっかり緊張がほぐれ面接の時よりも込み入った話ができて、それが功を奏したのか幸運にも採用を勝ち取りました。