詐欺|今のご時世では、株・不動産投資などの不労所得で生計を立てた…

この頃では、株・不動産投資などといった不労所得で生活費を稼いだ・・

  • この頃では、株式・不動産投資の不労所得のほかに個人事業・起業といった生き方も増えています。そのような変化もあるせいか、「会社員は安定がない」といった考えも変わってきています。高度経済成長の頃に関しては、どうなるかわからない株式投資・個人事業より会社勤めの方が大いに安定していて、人生の花形として、またそれが自然のことのように世の中に認知されてはいました。しかし、そのような時代は過ぎ去り、現在は、「成熟期」と言われています。今後は、機械化、自動化が進んで仕事で、人の力を不要とする社会になる、とも言われています。
  • 詐欺|自らが求職中のころ割とたくさんの人材紹介会社に登録していたのですが・・

  • 自らが勤め口を探していたころたいへん多くの人材紹介会社に登録していました。その際に特に思ったのは転職のアドバイザーのレベルにおいても驚くほど様々でたいていの場合、十分だと感じる対応をしてくれない方でした。私にとっては人生の大事な事なことだからもっと真摯に向かい合ってほしいという欲が募ってしまいました。それが契機となり自分がキャリアカウンセラーの資格取得を目指すことにしました。キャリアカウンセラーの資格を取得できるまでには支出が増えたし勉強もハードなわけですが、お仕事を探している人からあなたが担当者でよかったと言ってもらえる存在になるべく頑張っています。
  • 就職活動において、年収は極めて大切な要素です。

  • 就職活動において、年収はとても大事な要素です。面接の際、ほとんどの場合現在の年収と転職後の希望年収について聞かれます。実際の年収より多く言って、高額な年収を獲得しようとしても、無駄な努力でしょう。なぜかといえば、結局は源泉徴収を提出することになるので、一時的に信じ込ませたとしても、あとで「源泉徴収票」が必要になるため、結局はウソがバレてしまいます。ときにはトラブルになることもあるので、現職の年収を水増しせずに申告し、それに釣り合う希望年収額を設定するのがもっとも無難といえます。例をあげれば、現在の年収が400万円の方が、急に年収500万になるようなことはないものと考えておくべきです。現在の年収が430万円としたら、希望額は400~450万円と伝えておくのが無難です。明白なウソは、転職活動の妨げになるばかりでなく、入社後のトラブルとなり、一時的に採用されたとしても、退職しなければならないという事態になることもあるので、気をつけましょう。
  • 詐欺|再就職によって職場を一新するということは、自分に・・

  • 再就職で職場を一新するということは、自分自身に見合う再就職先を探したいものです。自分の天職に有りつけることも可能です。でも、マイナスの面も持ち合わせていて、雇用側が必要とするスキルを持っていないと、転職自体が難しいです。表現を変えると、自分の価値をあげれば、「天職」に巡り会える可能性がある、ということです。現代は、「職業選択の自由」が一般的に認められているので、転職を選択しても偏見を持たれてしまうリスクもありません。終身雇用制度が崩壊に向かいつつある現代は「とにかく良い人材が欲しい」と願う企業もだんだん増加しているので、この好機を狙って転職を考えてみましょう。
  • 再就職をする時に閲覧する募集要項に関しては、基準的なものとし…

  • 仕事を探している際に目を光らせる募集要項は、基準的なものとして掲載されている可能性も少なくはありません。なので、そこに載っている情報は何もかもが正しいとは迂闊に信頼すのはやめておいたほうが賢明でしょう。とりわけ給与の金額などにおいては、一般的な金額なのか?最低限もらえる金額であるのか?一番高い給料なのか?という判断ができないことが多く、自分の勝手な判断で判断してしまうと、今後、悔いが残ることもあり得ます。そういった訳で、嫌な思いをしないために、求人情報については、一般的なものだと思って、そういったようなたいへん重要な内容は会社に直に問い合わせた方が妥当です。