詐欺|今の時代は株・不動産投資などの不労所得を得たり、自営業や起業で頑張っている人も増えています。

詐欺|現在は、株・不動産投資の不労所得のほかに起業といった形で生きる方法も人気です。

  • 昨今では、株や不動産投資等の不労所得、もしくは自営業、起業等、そのような移り変わりもあるせいか、「会社員以外の道はキケンだ」といったこれまでの考えも変わってきています。1960年代ごろの高度経済成長期には将来的に不安定な個人事業という生き方よりも雇われているほうが大いに安定性にすぐれ、人生の正しい進路として、またそれが自然のことのように広く社会に浸透していました。しかし、そんな時代は過ぎ去り、時代は変わって「成熟期」と言い表されています。機械化、自動化が進んで仕事でも人がいらなくなっていく時代です。

  • 私はかつていくつかの人材紹介会社に登録していました。

  • 割とたくさんの人材紹介会社に登録していました。その時に特に感じたのは転職のアドバイザーのレベルにおいてもまちまちでほとんどは不満を感じるアドバイザーばっかりでした。私とっては大切なことことだからもっと思い入れを込めて向き合ってほしいという考えが積もり積もってしまいました。それがきっかけとなり私はキャリアカウンセラーを目標にすることになりました。キャリアカウンセラーとして働くための資格を取るのはコストも必要でしたし資格取得のための勉強の面もとてもヘビーでしたが、仕事を探している人たちから信用されるキャリアカウンセラーになるために頑張っています。

  • 就職活動において、ポイントになるのが年収です。

  • 就職活動において、年収は大変大切なポイントです。面接の際、大部分の会社で現在の年収と転職後の希望年収について質問されます。ここで年収を本当にもらっている額よりも大きく申告し、転職先で高額の年収を得ようと試みても、無駄でしょう。なぜなら、最終的には源泉徴収を提出することになるので、仮に一時的に騙せたとしても、あとで「源泉徴収票」が必要になるため、結局はウソがバレてしまうのです。最悪の場合、トラブルに発展することもあるので、現在の会社での年収を正確に相手に伝え、それに見合う希望年収額を設定しておくのが無難です。例をあげれば、現在の年収が300万円の人が転職後にいきなり500万円になる可能性は普通はありません。仮に、年収が400万なのであれば、希望額は400~450万円と伝えておくべきです。悪質とも思えるウソの申告は、転職活動を苦境に追いやるどころか、せっかく入社した会社をその後、退職しなくてはいけなくなる状況も考えられます。

  • 転職することで仕事先を一新するということは、自分自身に適する…

  • 再就職によって仕事先を新しく替えるということは、自分自身に適合する自身が納得できる転職先を選んだほうが好ましいということです。自分の天職にありつくことができるかもしれません。でも、楽しいことばかりではなく、雇用側が必要とするスキルが必要です。表現を変えると、あなた自身が価値ある人材であれば、「天職」にありつくことも可能、ということです。最近では職業選択の自由が一般敵に広く認識されているので、転職を決断したとしても問題も生じないでしょう。終身雇用制度がなくなりつつある昨今、「役に立つ人材が欲しい」が願っている企業も増加傾向にあるので、今の良い時期を生かしていきましょう。

  • 詐欺|転職をする時にチェックすることになる募集内容は目安と…

  • 転職を考えている際に見る募集内容は参考程度に掲載されている可能性もあり得ますので、記載されている情報は何もかもが正しいものだと簡単に信じるのはやめておいたほうが最善でしょう。中でも特に給与の額などにおいては、平均なのか?最低額なのか?最高額の給料なのか?というような見極めができる人は少なく、自分勝手に決め込んでしまうと、悔しい思いをする確率もあります。そんな訳で、募集事項に関しては、おおまかなものだと思って、そのようなたいへん重要な内容は直接聞いてみた方がベストです。