詐欺|失業時にもらえる「失業保険」は、もらうためには失業中であることが必要です…

詐欺|失業時に受け取れる「失業保険」は、失業中であることが給付のため必要ですが、…

失業した際にもらえる失業保険は、失業していることがもらうための必要条件ですが、ずっと給付されるわけではありません。失業時までに働いていた期間によって変わり、90日とか120日とか設定されるのですが、なんとこの事実を知らない人がいたりします。永久にもらえると思い込んで失業保険があるから働かなくてもいけばいいと考えて遊び続けている人もいますが、後々あと1か月しかもらえないと分かってから急いで職を探し始めても好条件のところを見つけるのは困難です。転職候補となる会社の面接官も無能ではないので、失業中にきちんと求職活動をしていたかについて大半は相手(面接官)に見透かされると思っておいた方が良いでしょう。状況次第では、面接官から失業中何をしていたのか根掘り葉掘り聞かれます。返答に詰まったり、自身を良く見せようとバレバレの嘘をついてしまうと、9割がた受かりません。

詐欺|転職期間では、趣味に時間を費やすほか、体力を低下させないようにしておく…

転職期間中には、自分の趣味に時間を使ったり、体力を損なわない生活をしておくと良いと思います。会社が決まり、仕事を再開した際に、趣味に集中していたことでいつの間にか集中力が高まります。さらに体力アップしているために、その場の社員さんたちと比較するとスタミナがあると自覚します。というワケで、退職してからの生活は、自分の趣味に打ち込むことと、体力を低下させないようにしておくのがおすすめです。今後、職場のなかであなたと同じ趣味の人と巡り会えれば、すぐに仲良くなれるので、趣味をとことんまで極めることも転職期間中の自由な時間の利用方法としてはおすすめです。

求人についての広告には、とうぜん多くの職場では月にもらえるお金の記載に目が行きますよね。

求人情報には大部分の場合はたいていの株式会社では月の収入が明記されています。だけれどもこの箇所を調べれる際は、注意して確認する事が大事です。多い少ないだけでわかってしまってはいけません。何故かというとひょっとすると、月収の中身に月30時間残業の場合を前提に計算されている可能性もあります。つまり残業代の金額を含めて魅力ある案件に見せて、人材を確保しようとしていることも珍しくありません。また、「歩合給」を基本給以外に考える、という案件も要注意です。歩合をかなり多く見積もって月収として見せている可能性が考えられたりします。こういったよく分かっていない人たちを扇動しながら人材募集を掛ける会社はスルーしておくのが無難といえます。

転職活動の最後の壁として、現在の仕事を辞めることがあります。

転職活動における最後に残る厄介な問題として、「現職の退職」があげられます。転職先の企業から採用の内定をゲットしたとしても、現在働いている会社があなたを慰留するというのもよくあることです。そうなってしまった場合、どうあっても退職する、という強い信念を維持することが重要といえます。たとえ引き留められて、一時的に収まったとしても、一度辞めたいと考えた会社は結局、辞めることとなります。退職をスムーズに進めるためには、最初に会社の規定に目を通し、退職までに必要な日数を超過する年月以降の退職日設定と、退職届を書いておきましょう。その後、決定権を持っている上司と直接話をし、「退職に関する交渉は、一切拒否します」と(毅然とした態度で)伝えましょう。「円満退社」で現職を終えることも転職活動において大切なポイントになってきます。

「シフト制」の仕事に関する話です。

これはシフトの仕事についての話です。毎週、一定の曜日に入れる人を募集している求人を頻繁に見るのですが、もしも応募しようと思っているなら休む手順やシフトの出し方については面接の際に尋ねておいたほうが良いです。それはどうしてかというと、過去に私は産休で抜けた人の代わりに正社員の仕事についたのですが、私のシフトがそこが「土曜、日曜」固定のシフトで、他に誰も来ず、私一人だけで現場を任されるだけでした。前任者が土曜、日曜は必ず出勤できる人だったので、私自身も出勤できると思われていたようです。ですから「土日」に外せない用事が入ると、シフト変更の必要があり上司に「土曜日に休まなければならないので代わりに出ていただけませんか?」と私自身が依頼しなくてはいけませんでした。立場も給料も同じなのに土日を私ひとりに任せっきりって、一体・・・。思い出すとよく我慢したなと思います。