詐欺|転職するにあたって、現在勤務している会社を辞める…

詐欺|転職を行うにあたり、現在勤務している会社を退社する時…

転職を行うにあたって、今働いている会社を辞める時に失業保険の給付を受けるために手続きをしなければいけませんが、もしも自分の都合により退職願を出して会社を去る、いわゆる自己都合退職のケースでは直ちに失業保険が給付されるわけではなく手続きしたのち、失業したことがきちんと認められてから、3ヶ月経たないと受け取れないのです。よく勘違いして会社を辞めた次の日から3ヶ月でもらえる、と誤解しないようにしましょう。この規則について誤解している人が、ハローワーク側に落ち度があると思い込んでそれが原因でハローワークの保険担当者とトラブルになっているのを見たことがあります。加えて、リストラなど会社側の都合による退職の場合には、失業認定を受けてすぐに失業保険をもらえます。

転職時の面接では、正直さが仇になることがあります。

転職する際には面接が必須となります。「転職理由は」と聞かれることはほぼ間違いありません。その場合、どのような訳がであれ、前の仕事場での人間関係や働く環境についての不満やトラブルを絡めた受け答えは、意識してしないことをお勧めします。もしも、そのような内容をうかつに喋ってしまうと、心象を悪くしてしまい、チャンスを無駄にしてしまうことになります。そのため面接では「前向き」な返答に徹するのが肝要です。あくまでも「新しい職場では自身の能力を十分に発揮し、さらにアップして自分および会社の戦力になるように努力します」、のような未来形での話ぶりが好印象となります。

転職活動を始めるときに、今の会社を退職してからといった方法もありますが…

転職において、まずは今の会社を退社してからという考えを持つ人もいますが、そうならば会社がいつボーナスを出すかを見積もっておきましょう。ボーナスがもらえる企業はいくらでも存在しますが、ボーナスが支給されるなら、ボーナスが手に入る日が目前に迫っているのであれば、その日を待ってから辞めるというのもおすすめです。ボーナスってある程度多くもらえるはずなので、もらっておかないと損をすると分かりますから、会社を辞めようと思ったらボーナスが入る日を確実に頭に入れておく方が損をしません。

詐欺|このように今の時代の労働環境の激変ぶりにおいて、働きざかりの世代の中…

このように今の時代の企業の雇用に対する考え方が変化したことに関して、働きざかりの世代の中で34歳ぐらいまでの若年層が特に気にかけているようです。先行きのキャリアアップを見据えているのでしょう。従って、働き手などの労働力の「流動化」が顕著になっているため、より今後、世代に関わらず転職についての関心度が強くなるでしょう。労働力の「流動化」の影響で勤め先を変えることは当たり前になり、「終身雇用制度」が機能したかつては、「転職」をする人は、経歴にマイナス評価がつく、と言われて転職しようにもうまくいかない人もあったようです。ですが、社会が変化し現在の会社だけに執着する必要がますます無くなってきています。

就労期間にあるときは、できたら、会社内の人にバレない…

雇用期間中なら、極力同僚にバレないように(ちなみに私自身のときは)前職中に転職の意図のみを早いうちに同僚に知らせたことがありました。にもかかわらず、その後に求人情報を散々探していたのですが、結局は働く先や時期など、計画も立てずに決まらずダラダラと時間だけが経過してしまいました。挙句の果てにはその一方で、会社のほうは、退職に関わる手続き、私の退職の日程などが確定していき、さいごは「退職予定日に合わせてとりあえず就職(できる)先を決める」という、なんとも本末転倒な結果になってしまいました。ですが予定は噛み合うこともなく、失業期間を経験したあとで、次の就業先を見付ける活動をはじめました。