詐欺|転職する際、今働いている会社を辞める時に失業保険の給付を受ける手続きをしなければいけないが・・

転職を行うにあたって、今働いている会社を退社する時…

転職するにあたり、現在働いている会社を退社する時に失業保険をもらうための手続きをしなければいけませんが、自発的に退職届を提出して退社する、いわゆる「依願退職」のときは直ちに失業保険が出るのではなく手続きをした後に失業が確認されてから3ヶ月間を経ないと受け取ることが出来ないのです。よく勘違いして退社した日の翌日から3か月経過すれば給付されると誤解している人がいますが、この規則に無理解な人が、ハローワーク側に落ち度があると言い張ってその結果ハローワークの担当者とトラブルになっているのを見たことがあります。なお、自己都合ではなくリストラなど会社側の都合による退職のときには、失業認定されてから直ちに失業保険がもらうことが可能です。

詐欺|転職時の面接では、少々うそを交えたほうが良いこともあります。

転職のための面接では押さえておきたいポイントがあります。面接官から「転職理由を聞かせて頂けますか?」といった形で、質問されるはずです。こういった場合、どのような理由であれ、以前の職場の人づきあいや働く環境についての不満やトラブルを絡めた返しは、意識して避けましょう。此の様な内容の話は、印象が悪くなってしまい、チャンスを無駄にしてしまいかねません。そのため面接では「ポジティブ」な人物であると印象づけるのが必要があるため、本心とは違っていても、「新しい職場においては、スキルを生かしながら、会社のためにより一層の努力をしていくつもりです」といったような未来形での話ぶりが良い成果につながります。

詐欺|転職を考え始めたときに、まず会社を辞めた後でと思っている人もいるでしょう…

転職活動を始めるときに、今の会社を辞職してから転職しようとする人もいますが、そのような場合ボーナスがいつもらえるのかを確かめておきましょう。社員にボーナスを出す企業はたくさん存在しますが、社員にボーナスが出る場合には、ボーナスが出るのがあとわずかだったら、支給日が過ぎるのを待って会社を去るという手も賢いやり方です。ボーナスは少々額が大きいので、もらわなきゃ損ということも考えることもできるので、職場を変えようと思い始めたらボーナスの時期を確実に頭に入れておく方がボーナスをもらい損ねないと思います。

このように近年の企業の雇用に対する考え方の激しい変化…

現代の労働背景の慌ただしい変移をに当たって、若い人たちが特に注意してみているようです。おそらくは、自らのキャリアアップと転職とを考えているのでしょう。そのため、働き手といった層の流動化が進行しているようで、ますます後々若い世代の転職への注目が増加すると予想されます。このような社会情勢の中、勤め先を変えることは当たり前になり、まして、今までは「転職」をする人は、経歴にマイナス評価がつく、と言われて事実、転職するのが困難な時代でもありました。しかしながら、社会の流れが変わり今の会社に固執する意味が減っているように感じます。

雇用中は可能であれば、周囲にバレないように(私の・・

雇用期間中なら、できれば周囲に気づかれないように、(私のときは)前職中に転身の意図だけ、早いタイミングで周りの人に仄めかしたことがあります。にもかかわらず、それから、求人をあれこれ見ていったものの、結局転職先のあても、タイミングも計画も立てずに決まらないまま、ズルズル時間が過ぎてしまいました。そしてその一方、会社の側は、仕事の引き継ぎや手続き、自身の退職日などが確定していき、さいごは「退職予定日に合わせてとりあえず転職(できる)先を決める」という、本末転倒な状況になってしまいました。その後、予定が順風満帆とはいかず、失業期間を経て次の就職先を探すハメになりました。