詐欺|転職活動をしていれば、「志望動機」「転職理由」の2点は高い確率で質問されます。

転職活動をしていて面接のときに例外なく聞かれることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。

転職活動で「志望動機」「転職理由」の2つは必ず尋ねられます。このうち志望動機に限っては、思っていることをそのまま話しても差し支えないですが、これと違って転職理由についてありのままに話すのはよくありません。たとえば待遇に納得できないことや、人間関係に対する不満など、面接官によいイメージを与えるものではありません。もっとも、自分が不利になることを馬鹿正直に話す人は極めて稀だと思いますが、採用担当者はそういった点を注視しがちなので、慎重になりつつ、あなたへ探りを入れてきます。これに対して悪いイメージを与えずに答える方法としては、現職の仕事の内容から外れることには、全く触れないようにすることです。そしてさらに、この企業に入ってこんな貢献をしたい、「いついつまでに〇〇は叶えるつもりです」、「このような私の目標達成のためには、御社が必要なんです」、といった形で未来志向な志望動機に変えていきましょう。

転職を行うなら、むろん仕事におけるやりがいアップと・・

転職先を考えるにあたって、むろん仕事のやりがいアップと一緒に手取りのアップも大きなポイントになるから「年収サイト」に登録して事前に調査をしています。同一の会社でしかも同じ職種、社歴であるのに人によって大きな幅がある場合も多数あり、ぶっちゃけて言えば面接で質問したことがあります。面接をした方も同じサイトをよく見ていたようで「ああ、高い年収で書かれているのは、書いたのは誰だかだいたいは見通しがついているんですけどね、多分格好をつけてるんですよ。低い方で心の準備をしておいてください」とのことでした。

詐欺|転職で、正社員ではなく派遣社員という勤務形態を考えている方・・

転職を、「派遣社員」を選択予定の方にぜひ注意していただきたい点が数点あります。まず派遣社員に対して、「電話対応」「データ入力」「お茶出し」「その他雑用」のようなものをなんとなく考えてしまった人がおそらく少なくないとは思います。実は私もまさにそう思っていました。「派遣社員」の募集に応募した際に、「主な業務は電話対応になります」と採用の際に説明を受けました。が、実際に働き始めると、なんと「電話対応」にプラスして、退職した正社員の穴埋め役を任されてしまいました。とくに何をしていいのかもよくわからず、面接のときの説明と大きな食い違いがあるので日々とても困惑しています。とにかく、ひたすら「一刻もはやく契約終了日が来てほしい」と願うばかりです。

転職を考える際、転職したあとの自身の給与を過剰に気にする・・

転職しようと考えたとき、その職場の給料を気にしすぎる人が案外多くいるでしょう。もちろん誰しも仕事というのは自分の生活を成り立たせるために行うものです。ですから生活費をもらうために仕事を選択するのはずです。だから年収の額は自分がどのくらい評価してもらえるか、という見方もできますから、大切に思うのは当然なのですが、しかしながら、愚かにも年収の額にとらわれすぎてしまう生き方というのも虚しい気がします。この世には収入面にそれほど期待ができない仕事であっても、精神的な充足感を得られることはゼロではないからです。

詐欺|近年、インターネット上では、「就職斡旋エージェント」をはじめ・・

近年はウェブ上では、「就職斡旋エージェント」のほかに、ビジネスの一環としてヘッドハンティングの請負を行う会社をよく見かけるようになりました。特許を取った経歴のある人は、連絡が来ることが期待できます。ヘッドハンティングを行う会社は、特許権を獲得した人に加えて、研究開発で論文を出した経験がある人や、マスコミで紹介された人など、何かで有名な人をターゲットに、電話やメールを用いてコンタクトを取り、ヘッドハンティングのネタにしようと画策しています。会社に在籍中に、ヘッドハンティングっぽい連絡があった場合は、そうなったきっかけを考えてみてください。ときとして、ヘッドハンディングを装って、「そのために登録料を払ってほしい」と依頼してくる業者もあるようですが、そのような会社はたぶんイカサマであるので騙されないように気を付けましょう。ヘッドハンティングは、企業が仲介業者に報酬を支払うので転職希望者が払う必要などありません。