詐欺|転職活動をやっていると、面接において例外なく尋ねられることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。

転職のための活動を行っていて面接のときに「志望動機」「転職理由」の2つは必ず尋ねられます。

  • 転職活動をやっていると、面接において必ず質問されるのは志望動機と転職理由の2つです。志望動機については、正直に話してもかまいませんが、これとは異なり転職理由についてストレートに話すのは問題です。報酬に対する不満、人間関係の問題など、面接官に悪い印象を与えるものです。とはいっても、自分が不利になることをストレートに話す人はほとんどいないと思いますが、採用担当者はそのような部分に注目しやすいので、慎重に質問されることを覚悟しなければいけません。これに対して悪いイメージを与えずに答える方法としては、現職の仕事の内容から外れることには、全く触れないようにすることです。それにプラスして、この企業に入ってこんな仕事をしたい、3年後にはこうなっていたい、「こういった希望を叶えられるのは御社だけです」、といったような巧妙に話をすり替えましょう。
  • 転職先を選ぶのに、言うまでもなく仕事におけるやりがいアップと共・・

  • 転職するならば、言うまでもなく仕事のやりがいのアップと共にそれにとどまらず収入が上がることも大切なので「年収比較サイト」というところに登録してあらかじめ研究をしています。同一の会社でそして全く同じ職種、経歴であるにも関わらず人によってすごく違いがある場合も多数あり、正直に言うと面接時に質問したことがあります。面接をした方も一緒のサイトをよく見ていたみたいで「高い収入で書いているのは、書いた者について誰なのか見通しはついているんですけどね、おろらく格好をつけているのでしょう。低い方の収入だと覚悟しておいてください」とのことでした。
  • 詐欺|転職の際、「派遣社員」を選択しようと考えている人にぜひ注意してほし…

  • 転職する場合、「派遣社員」を選択予定の方に覚えてほしい箇所がいくつかあります。まずはじめに派遣社員に関しては、「データ入力」「お茶出し」「電話対応」のような仕事をぼんやりとイメージされる人がおそらく多いかと思います。本音を言うと私もかつてはそう思っていました。現在の会社に入るまでは「派遣社員」の求人に応募した際に、「メインの業務は電話対応になります」と入社前に派遣会社からも説明も受けてました。が、いざ業務に掛かると、なんと辞めた正社員さんの穴埋め業務を要求されました。毎回、あれこれ要求されますし、入社前の説明と大きな食い違いがあるので日々非常に参っています。現在は、「一刻もはやく契約終了日が来てほしい」と願うばかりです。
  • 転職をする場合、その職場の自分の給与ばかりを気にする人は・・

  • 転職というものをしようと考えたとき、転職したあとの自分の給料について気にする人がかなり少数派でもないでしょう。ほとんどの人は、仕事というのは収入を得るため、自分の生活を成り立たせるために行うものです。だから生活費を給与として得るために仕事に打ち込んでいるとは思います。したがって自分の価値を測る指標という面もありますからとうぜん大切と感じるのは至極当然です。それにしても必要以上にもらっている年収の額ばかりを気にかけすぎるのも寂しいものです。収入に直結しない仕事であっても精神的な成長を遂げられるチャンスは少なくないからです。
  • 最近、ウェブ上では、「就職斡旋エージェント」だけでなく、…

  • 近頃、ウェブ上では、「就職斡旋エージェント」のほかに、ヘッドハンティングを専門に取り仕切る会社も増加しています。「特許」を申請した人は、ヘッドハンティングされやすくなります。彼らは、特許権を獲得した人に加えて、研究開発で論文を書いた経歴のある人や、マスコミによって注目を浴びた人など、何かで有名になったことのある人を対象に、電話やメールで勧誘をして、ヘッドハンティングのネタにしようと企んでいます。万が一、あなたがヘッドハンティングと思しき勧誘をされたなら、そうなったきっかけを考えてみてください。ここ最近は、ヘッドハンディングだと思わせて、「登録料」を要求してくる会社があるのですが、そのような業者は100%イカサマですから相手しないのが正解です。報酬を支払うのは登録している会社であり、転職希望者がお金を払う必要などありません。