転職するにあたって、現在勤めている会社を退社する時…

詐欺|転職をするために今勤務している会社辞める時に失業保険受け取るための手続きをしなければいけませんが、…

  • 転職に先立って今勤務している会社辞める時に失業保険受け取るための手続きをしなければいけませんが、あなたの意志で退職願を書いて会社を辞める、いわゆる依頼退職においては即座に失業保険を受け取れるわけではなく手続きにした後に失業が認定されてから3か月経ってやっと給付があるのです。よく間違って退社した日の次の日から3か月経てばもらえると信じている人がいますが、この規則を勘違いしてハローワーク側に落ち度があると主張してそれが原因でハローワークの職員と口論していたのを以前見たことがあります。念のために付け加えておくと、労働者側の都合ではなくリストラのような、「会社都合」での解雇のケースでは、失業認定が下ったのち直ちに失業保険をもらえます。
  • 詐欺|転職のための面接では注意する点があります。

  • 転職の際、面接は避けて通れませんが、面接の際に担当者から「転職の理由は何ですか?」といった形で、訊かれるのは確実です。この時、どういった訳があろうとも、前の仕事場での「働く環境」「人づきあい」に関しての不満ともとれる返答は、できる限り避けましょう。なぜかというと、此の様な内容の話は、相手会社の採用条件としては厳しくなるようで、チャンスを棒に振ってしまいます。そのため面接では「前向き」な返答に徹するのが正解なため、あくまで「新しい職場では自分の能力をより発揮し、会社にも充分に貢献していこうと思います。」といったような未来志向での返答が好印象となります。
  • 転職において、とにかく勤務中の会社を辞職してから転職しようと考える人もいます…

  • 転職において、まずは現在働いている会社を完全に辞めてから転職しようと考える人もいますが、そういった場合ボーナスが入る時期を考えておきましょう。ボーナスが出る企業はたくさんありますけど、社員にボーナスを出す会社の場合には、ボーナスが入る時期まで少ししかないのなら、その後で会社を去るという手も賢いやり方です。ボーナスはってかなりたくさん入るので、もらわなきゃ損ということも分かりますから、会社を辞める決意をしたならボーナスが支給される時期について一度確かめておくとボーナスをもらうのを忘れないと思います。
  • 今現在の会社や企業の労働背景が大きく変わったことに際して、全世代の…

  • 現代の労働環境の変移に関して、全世代の中で若い人たちは鋭く感じ取って、今後の転身とキャリアアップを考えているのでしょう。ですので、就業者などの労働市場の「流動化」が著しくなっているため、より後々世代に関わらず転職への注目が高まるのでは、と思います。労働市場の「流動化」の影響で勤め先を変えることはあなたにとって身近なものとなっていくでしょう。「終身雇用制度」が機能したかつては、「会社を辞めて転職」はそのことだけで印象が悪く、それで損してしまうこともあったようです。ですが、今ではこの事も全く当たらずずっと同じ会社に勤める意味もあまり無くなっているように感じます。
  • 就労中には、可能なかぎり周りの人間にバレないよう(自身の例です・・

  • 雇用期間中なら、状況が許す限り、周囲が気づかないように、(私の例ですが)在職中に「転業するかも」という意図のみを早い時期に社内の人間に仄めかしたことがあります。とはいえ、その後求人情報を探してみたものの、結局は転職先も転職するタイミングも無計画なまま煮詰まっていないままダラダラと時間がムダになるだけでした。挙句の果てにはその一方、当時所属していた会社の方は、業務の引き継ぎや手続き、私の退職日などが決定していき、さいごは「退職予定日に合わせてとりあえず転職(できる)先を決める」という、なんとも本末転倒な結果になってしまいました。ですが結局、理想とする結果が実らず、失職期間を経験したのち、次の就業先を再度探しました。