転職を行うにあたって、現在勤務している会社を退社する時・・

詐欺|転職をするために今務めている会社を退社する時に失業保険をもらうための手続きをしなければいけませんが、…

  • 転職に先立ち現在勤務している会社を退社する時に「失業保険」を受け取るための手続きをしておく必要がありますが、仮にあなたの側から退職届を提出して退社する、いわゆる依願退職の場合は、すぐさま失業保険が給付されるわけではなく手続きしたのち、失業したことがきちんと認められてから、3か月経ってやっともらえるのです。ですので、会社を辞めたその翌日から3か月経てば給付されると思い込んでいる人がいますが、この規則を理解していない人が、ハローワーク側にミスがあると主張してそれが原因となりハローワークの担当スタッフとトラブルになっているのを見たことがあります。例外として、自己都合ではなくリストラなど、「会社都合」での解雇のケースでは、失業認定が下ったのちすぐに失業保険を受け取ることができます。

    詐欺|転職する場合は面接を受けることがほとんどです。

  • 転職のための面接では注意しておくべきポイントがあります。担当者から「転職理由を聞かせて頂けますか?」といった形で、質問されるはずです。この場合、どういった事情があろうとも、以前の職場の労働環境や人間関係が悪かったという回答などは、極力やめておきましょう。というのも、そのような内容をうかつに喋ってしまうと、相手会社の採用条件としては厳しくなるようで、チャンスを台無しにしてしまいかねません。そのため面接では「前向き」な返答に徹するのが正解なので、とりあえず「新しい職場で、スキルを生かしながら、真面目に取り組んでいきます。」のような未来形での話ぶりが担当者の心証はよくなります。

    詐欺|転職を考え始めたときに、とにかく今の会社を辞職してか…

  • 転職を考え始めたときに、まず今働いているところを辞めてから転職しようとする人もいますが、そうするときにはボーナスが入る時期を気にかけておきましょう。ボーナスのある企業はそこら中にありますが、社員にボーナスを出す会社の場合には、ボーナスが出る日まで少ししかないのなら、それから辞職するというのもおすすめしたい手口です。ボーナスは少々額が大きいので、もらった方が良いと明白ですから、この職場を辞めようと思ったら会社がいつボーナスを支給するかについてまず確認しておいた方がスマートな方法です。

    今の時代の雇用事情が大きく変わったことを、若い世代ほど鋭く感じ取っているようです。

  • このように今の時代の企業の労働環境のめまぐるしい変化に際して、働きざかりの世代の中で若い世代が特に興味を持って見ているようです。おそらく、今後の転身とキャリアアップを考えているのでしょう。ですので、労働者やサラリーマンといった人たちの労働力の「流動化」が著しくなっているため、次第にこの先、若年層の転職への関心が強くなると予想されます。このようなことから、勤め先を変えることは一般的に広く受け入れられるようになるでしょう。定年まで勤め上げることが良いとされていた時代には、「会社を辞めて転職」は印象が悪く、転職が思い通りにいかないことも多くあったのです。ところが、社会の流れが変わり今現在の会社のみに執着する意味も必要性も減少しているように感じられます。

    就労中には、できるだけ周りの人間にバレないように(自身の例ですが…

  • 就労であるのなら、できるだけ周囲にバレないように(自身の場合)前職中に転社する意思表示だけを早期に同僚に言ってみたことがあります。でも、その後転職サイトを必死にあれこれチェックしていったのですが、悲しいことに働く先も仕事を変えるタイミングも無計画なまま煮詰まっていないまま知らぬ間に時間を空費する結果に。そしてその一方で、当時所属していた会社の方は、業務の引き継ぎ予定や手続き、私自身の退職予定日などが段々と確定していき、その結果、「退職予定日に合う形で、転職先を見付ける」という、お粗末な状況で会社を去ることになりました。ですが結局、理想とする結果が実らず、失業期間を経験したのち、次の就業先を探す流れになりました。