転職を行うにあたり、今務めている会社を辞める時に「失業保険」給付のための手続きをしておく必要があるのですが、…

転職を予定しているのなら今務めている会社を辞める・・

  • 転職に先立ち今働いている会社を辞める時に失業保険についての手続きをしなければいけませんが、自分からすすんで退職届を出して会社を辞める、いわゆる「依願退職」の際にはすぐさま失業保険が出るわけではなく手続きをしたのち、失業したことが認められてから3か月経ってやっと受け取れるのです。なので、会社を辞めた翌日から3か月経てば給付されると思い込んでいる人がいますが、この規則を間違って理解している人が、ハローワークのスタッフの方が間違っていると言い張ってそれが原因となりハローワークの職員と口喧嘩をしているのを見たことがあります。念のために付け加えておくと、労働者側の都合ではなくリストラなど、「会社都合」での解雇の場合は、失業認定されてからすぐ失業保険が給付となります。

  • 転職時の面接の時に「転職理由は」という風に、かなりの確率で質問されます。

  • 転職する場合は面接を受けることがほとんどです。人事から「転職理由をお聞かせください」という風に、聞かれることは間違いありません。そのとき、いくらあなたが間違っていなくとも、過去の職場の「人間関係」「働く環境」に関しての不満ともとれる受け答えは、できるだけ口にしないことをお勧めします。なぜなら、こういった話をしてしまうと、採用の可能性を台無しにしてしまいます。面接では「前向き」な返答に徹するのがとても大事で、とりあえず「新しい職場で、自身のキャリアをしっかり生かし、さらに会社の戦力になるように努力するように心がけるべきだと思います」、此の様な言い回しが理想です。

  • 詐欺|職を変える際に、まずは会社を辞めた後でという方もいますが・・

  • 転職を考え始めたときに、とにかく今働いている会社をきちんと退社してから転職しようとする人もいますが、そういったときには会社がいつボーナスを出すかを見積もっておきましょう。ボーナスのある会社は星の数ほどありますが、ボーナスがあるのであれば、ボーナスが振り込まれる日まで数か月しかないのなら、ボーナスが振り込まれたのを確認してから退職届を提出するという考えも賢明といえます。ボーナスはなかなか大きい額になると思うので、絶対もらったほうが良いと分かりますから、転職しようと思ったらボーナスについての規定と支給日をまず第一に確かめておくとスマートな方法です。

  • 詐欺|ここ数年の企業の労働背景が目まぐるしく変わってきたこ・・

  • ここ最近の労働環境の激しい変化に際して、34歳ぐらいまでの若者の世代ほど鋭敏に感じ取っているようです。おそらくは、自身のキャリアアップと転職とを視野にいれているのでしょう。そんなわけで、労働者やサラリーマンといった人たちの「流動化」が活溌になっているので、よりこの先、より広い世代で転職についての関心度が増えると予想されます。労働市場の「流動化」の影響で労働者の転職はますます身近となるのは間違いありません。「終身雇用制度」が存在したかつては、「会社を辞めて転職」は印象が悪く、損をしてしまうこともたくさんあったようです。時代が変わり現在の仕事に固執する意味があまり無くなっているように感じます。

  • 詐欺|在職中には、状況が許す限り、会社内の人に悟られないよう、…

  • 雇用期間中なら、可能なかぎり周囲にバレないように(自身のときは)前職中に転身の意思表示だけをはじめの時期に周りの人に話して、反応を見たことがあります。とはいえ、その後求人を必死に探していたのですが、予想に反して転職先もタイミングすら無計画なまま決まらずやみくもに時間を空費する結果に。そして一方、会社の側は、退職に関わる引継ぎや手続き、退職予定日などが段々と確定していき、さいごは「退職予定日に合わせてとりあえず転職(できる)先を決める」という、お粗末な展開を迎えました。ですが結局、理想とする結果が実らず、失職期間を経験したのち、次の就業先を探すことになりました。