転職を行う際、今勤務している会社辞める時に失業保険受け取るための手続きをしなければいけません…

転職を予定しているのなら今働いている会社を退社する時に…

転職をするために今勤務している会社辞める時に「失業保険」を受けるための手続きをしなくてはなりませんが、もしもあなたのほうから退職届を書いて退社する、いわゆる自己都合退職においては失業保険はすぐに受け取れません。手続して失業したことが認められてから3か月経つこことが必要なのです。よく間違って退社した日の翌日からちょうど3ヶ月で受け取れるワケではありません。この規則を勘違いしてハローワーク側にミスがあると主張してそれが原因となりハローワークの保険担当者ともめ事を起こしているのを見たことがあります。ちなみに、社員側の都合ではなくリストラのように、「会社都合」での解雇のときは、失業が認定されれば直ちに失業保険が給付されます。

詐欺|転職時の面接は、正直に答えれば良いというものではありません。

転職時の面接では、正直さが仇になることがあります。人事担当から「転職理由は?」という風に、かなり高確率で質問されます。そのとき、どれだけ正論だと思っても、「人間関係」「労働環境」に関しての不満ともとれる返しなどは、意識してやめておいたほうが良いでしょう。こういった話をしてしまうと、あなたのイメージが悪くなり、チャンスをダメにしてしまいかねません。ですから面接時にはポジティブな発言がとても重要です。あくまでも「新しい職場で、これまでのキャリアをしっかり生かして、会社のためにより一層の努力をしていくつもりです」のように将来を見据えた受け答えが担当者には受けます。

詐欺|転職において、まずは今働いているところを辞めてから転職しようとする人もいますが・・

転職活動を行うのに、まずはまず勤務先の会社の退社手続きをしてからといった方法もありますが、そういったときには今度のボーナスの時期を事前に確認しておきましょう。社員にボーナスを支給する会社はそこら中に存在しますがボーナスもらえる場合は、ボーナスの支給の日が近づいているのであれば、ボーナスが振り込まれたのを確認してから辞めるというのもうまいやり方です。ボーナスはなかなか多くの額が入るはずなので、手に入れておいた方がいいとも断言することができますから、転職を考える時にはいつ頃ボーナスが手に入るのかをまず第一に確かめておくと賢明な方法です。

このように今の時代の企業の雇用に対する考え方が大きく変わった・・

昨今の労働背景の激しい変化に当たって、全世代の中で若い世代ほど敏感に感じ取っているようです。おそらくは、将来を見据えた動きなのでしょう。ですので、働き手の労働市場の流動化が進んでいるようで、なおさら、後々世代に関わらず転職についての注目が高まると考えられます。「流動化」が進んでいく結果、転職はあなたにとって身近なものとなっていくでしょう。「終身雇用制度」があった時代には、「転職」というと評価が下がるとも言われて損をしてしまうこともあったのです。しかしながら、時代の変化もあり、今現在やっている会社のみに執着する必要もあまり無くなっているように感じます。

就労中には、できればこっそりと、(私の例ですが)雇用期間中…

在職期間中なら、可能なかぎり気づかれないように、(自身の例ですが)前職中に転身する意思表示だけを早い段階で周りの人間に知らせたことがありました。ですが、その後求人情報を色々とみていったのですが、予想に反して働く先も転職時期さえも無鉄砲に決まらないまま、ダラダラと時間が過ぎてしまいました。一方の会社のほうは、業務の引き継ぎや手続き、私自身の退職日などが確定していき、そして最終的には、「退職予定日に合わせて転職先を決める」という、本末転倒な状況下で会社を辞める形になりました。実際には内定をもらったその会社を蹴り、失業期間を経たあと、次の就職先を探すことになりました。