転職活動を行っていると「志望動機」「転職理由」の2点は間違いなく質問されます。

詐欺|転職活動を行っていると面接時に例外なく尋ねられるのは志望動機と転職理由の2つです。

転職活動中に、面接時に間違いなく質問されることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。志望動機に限っては、思っていることをそのまま話してもOKですが、これとは異なり転職理由についてありのままに伝えるのは賢明ではありません。待遇に納得できないことや、上司と相性が悪いことなど、聞き手があなたに良い印象を持ってくれる可能性は少ないです。もっとも、自分が不利になることをストレートに話す人は極めて稀だと思いますが、転職先企業はその点を重要視しているため、あなたに対し、慎重に「探り」を入れてくるものと考えておきましょう。現職の不満を回答しないためには、現職の仕事内容から脱線する箇所には一切触れないことです。さらに、この会社に入社してこんなことを実現したい、5年以内にこんなゴールを達成したい、「このような私の目標達成のためには、御社が必要なんです」、といった形で話をすり替えてポジティブな印象を与えるようにしましょう。

転職先を選ぶのに、仕事におけるやりがいアップと一…

転職にあたっては、当然仕事におけるやりがいのアップと一緒に手取りが増えることも重要なポイントになりますから「年収比較サイト」というところに登録していろいろと調べています。同じ会社でそして一緒の職種、経歴なのに人によってかなりの幅がある場合も多くて、正直なところ面接を受けた時に質問したことがあります。面接官も同じサイトをよく見ていたみたいで「高い収入で書いているのは、書いた人間も誰だかそこそこ予想がついているのですが、おそらく見栄をはってるんですよ。低い方の収入で心の準備をしておいてください」とのことでした。

これから転職する場合、正社員ではなく「派遣社員」を選択しようと思っている人…

これから転職する場合、正社員ではなく「派遣社員」として、転職を考えている人にぜひチェックしていただきたいポイントが何点かあります。一般的に派遣社員の業務については、「データ入力」「お茶出し」「電話対応」のようなものをぼんやりと想像した方がおそらく多いはずです。実は私自身もかつてはそう思っていました。現在の職場に入るまでは「派遣社員」の求人に応募したとき、「電話対応がメインです」と採用の際に説明を受けました。が、いざ働き始めると、「電話対応」以外に、足りない正社員の業務の穴埋めを任されてしまいました。毎回振り回されますし、入社前の説明と大きな食い違いがあるので日々かなりきついです。今はとにかく、ひたすら派遣の期間が過ぎるのを待つのみです・・・。

詐欺|転職というものを考える際、そこでの給料について気にしすぎる・・

転職というものを考えるとき、転職後の給与を気にしすぎる人がかなり多いものです。とうぜん大部分の方は仕事というのは収入を得るため、行うものです。だから生活費をもらうために働くはずです。だから年収がどれだけかは自身の評価という見方もできるから、とうぜん大切なものであることは当然ではあります。しかしながら、必要以上に年収ばかりを固執しすぎるのも人生を損してしまう気がします。それより年収がさほど期待できない仕事であったとしても精神的に満たされる可能性が多々あるからです。

詐欺|現代、ウェブ上では、「就職斡旋エージェント」だけでな…

今日、ネット上では、「就職斡旋エージェント」をはじめ、「ヘッドハンティング」を専門に取り仕切る会社も増えています。あなたに特許権取得の経験があるなら、連絡を受ける可能性が高くなります。彼ら(ヘッドハンティング会社)は、特許の他に、研究開発で論文を出したことのある人や、「テレビや雑誌」で特集された人など、何かしらの「功績」を残した人を対象に、電話やメールを用いて接触し、ヘッドハンティングのネタにしています。もしもあなたが、ヘッドハンティングと思しき勧誘をされたなら、心当たりを考えてみてください。あまりないことですが、ヘッドハンティング名目で登録料を取ろうとする会社があるのですが、その手の業者はたぶん嘘であるので騙されないように気を付けましょう。報酬を支払うのは登録している会社であり、転職希望者がお金を払う必要などありません。