転職活動中に、面接時に高い確率で聞かれるのは志望動機と転職理由の2つです。

詐欺|転職活動を行っていると面接のときに必ず質問されるのは志望動機と転職理由の2つです。

  • 転職活動を行っていると面接時に「志望動機」「転職理由」の2点は間違いなく質問されます。これらのうち志望動機に限っては、隠さずに話しても差し支えないですが、これとは異なり「転職理由」を正直に話すのはオススメできません。収入面の不満、上司と相性が悪いことなど、採用担当者に悪いイメージを持たれやすいものです。自分が不利益を被ると予想できることをストレートに話す人は非常に少ないと思いますが、転職先の企業の多くは、そういったマイナス箇所に関心を持っているため、遠回しに聞き出そうとしてきます。これに対抗して現職の不満を言わないように答えるには、現職の仕事内容以外のことは話さないことです。そして、この企業に入ってこんな貢献をしたい、3年後にはこうなっていたい、「このような私の目標達成のためには、御社が必要なんです」、といった形でうまく話をすり替えましょう。
  • 詐欺|転職を行うならば、当然仕事におけるやりがいのアップと一緒…

  • 転職をするならば、当然仕事におけるやりがいアップも重要だけど加えて給料のアップも重要なことなので「年収サイト」というサイトに登録して事前に調べています。全く一緒の会社でそして一緒の職種、社歴なのに人によって無視できないほどの幅があることも多くあり、ぶっちゃけた話面接で質問したことがあります。面接をした人もそのサイトをチェックしていたみたいで「その高収入で書いているのは、書いた方もだいたいは予測はついているんですけどね、多分見栄ををはっているのでしょう。低い方の給料だと考えておいてください」とのことでした。
  • 詐欺|これから転職する場合、正社員ではなく「派遣社員」を選択しようと思っている人に…

  • 転職を、派遣社員」で考えている人に覚えていただきたいことが何点かあります。まず派遣と聞くと電話対応、お茶出しなどの雑務、雑用等をなどの業務をなんとなく思い浮かべている方がおそらく多いかと思います。はじめは私自身もそう思ってました。現在勤めている会社に入社するまでは「派遣社員」の求人に応募したとき、「業務は電話対応になります」と面接で説明を受けてもいたので安心しきっていました。しかし、仕事に就くと、まさか「電話対応」に加え、欠員した正社員の穴埋め業務を任されてしまいました。いつも毎回振り回されますし、面接のときの説明とは全く違うので日々非常に参っています。現在は、ひたすら「はやく契約終了日とならないかな」と願うばかりです。
  • 詐欺|転職というものをする場合、転職したあとの自分の年収ばかりを気にする人は・・

  • 転職というものをする場合、その職場の自身の年収を過剰に気にする人が意外といるようです。大部分の人は仕事というのは自分の生活を成り立たせるために行うものです。ですから生活費を給料として手に入れるために精を出しているはず。だから年収がどれだけかは自分自身の価値を測る指標という側面もありますから、とうぜん大切に思うのは当然ともいえます。しかし、あまりに年収の額ばかりを固執しすぎる生き方というのも寂しいものです。よく見れば年収にあまり反映されない仕事であっても精神的な成長を遂げられるチャンスは少なくないからです。
  • 現代はインターネット上では、「就職斡旋エージェント」のほかに、…

  • 最近、インターネット上では、「就職斡旋エージェント」だけでなく、ビジネスの一環としてヘッドハンティングの請負を行う会社も増えています。「特許」を出すと、ヘッドハンティングの対象になる可能性が高くなります。彼ら(ヘッドハンティング会社)は、特許以外にも、研究開発で論文を提出したことのある人や、テレビ・雑誌などの「マスコミ」に出演した人など、何かしらの「功績」を残した人に狙いを定めて、電話やメールで近寄ってきて、ヘッドハンティングのネタにしています。もしも、あなたがヘッドハンティングと考えられる話をされたときには、そうなったきっかけを考えてみてください。そんなにはないことですが、ヘッドハンティング名目として、登録料を要求してくる会社もありますが、そのような業者は完全な詐欺ですから無視しておくのが無難です。ヘッドハンティングは、登録企業が報酬を支払う形になるので転職希望者が負担するものではありません。