近年では、株・不動産投資をはじめとした不労所得を得た…

詐欺|昨今では、株・不動産投資をはじめとした不労所得、または…

  • 今のご時世では、株式・不動産投資などといった不労所得で生計を立てたり、起業で頑張っている人も増えています。そのような社会的変化もあり、「雇用されて働く道こそが正義」といった考えも変わりつつあります。高度経済成長時代においては、どう転ぶかわからない自営業という生き方よりも雇用されて働いているほうが将来が安定していました。人生の花形として、またそれが至極当然のことのように、社会に認識されていました。しかし、そういった社会全体が安定成長する時代は過ぎ去り、いまの社会は「成熟期」などと言い表されています。コンピューターの進化とともに、将来的には自動化・機械化が顕著になり、仕事で、人の力を不要とする社会になる、とも言われています。
  • 詐欺|かつて何社かの人材紹介会社に登録していたことがあります。

  • かつてはかなり複数の人材紹介会社に登録していのだが、その時に特に感じたのは転職のアドバイザーのレベルが本当に色々あってほぼ満足できない感じる方ばっかり。こっちは人生がかかっているのにもっと誠意を込めて向き合ってほしいという感情が募ってしまいました。そのことが契機となって私はキャリアカウンセラーになろうと思い立ちました。キャリアカウンセラーとして働くための資格の取得はお金がかかりました。また資格取得のための勉強の面もハードですが、仕事を探している人たちから頼りにされる存在になるべく頑張っています。
  • 就職活動を年収抜きに考えることは不可能です。

  • 転職活動をしていると、「年収」に関しての話題は必ず出ます。面接において、現職の年収だけでなく、将来的な希望年収額についても質問されるはずです。このとき年収を実際もらっている額よりも大きく申告し、多額の年収を確保しようと試みても、無駄な努力でしょう。というのは、「源泉徴収票」が必要となり、一度は騙せたとしても、あとで「源泉徴収票」が必要になるため、どのみちウソがバレてしまうためです。最悪の場合、トラブルに発展することもあるので、現在の年収を正確に相手に伝え、それに釣り合う希望年収を設定することです。ちなみに、今の年収が300万円の方が転職してすぐ500万円の条件を提示してもらえるかといえばほとんどありえません。たとえば、現在の年収が430万円としたら、希望額は400~450万円であると伝えておくのが無難です。明白なウソは、転職活動の妨げになるばかりでなく、一時的に転職先に合格をもらったとしても、直後に退職しなくてはいけなくなる恐れもあるので、気をつけましょう。
  • 転職によって職場を新しく換えるということは、自分自身に見・・

  • 転職することで勤め先を新しく替えるということは、自分に合う職場を見つけたいものです。勤務先を変えることによって、あなたにうってつけの仕事に出会えるかもしれません。でも、マイナスの面も持ち合わせていて、相応の努力がないと、転職自体が難しいです。表現を変えると、あなた自身が価値ある人材であれば、天職に就くことができるチャンスも高くなる、ということ。ここ最近は、職業選択の自由が社会的にも認識されているので、転職を決断したとしても偏見を持たれる心配もありません。終身雇用制度がなくなりつつある現在は「価値ある人材が欲しい」と感じている企業もますます増えているので、このチャンスを有効に使ってみてください。
  • 詐欺|仕事を探しているときに目を光らせる求人情報については、…

  • 再就職を考えている時に目を光らせる求人内容に関しては、一般的なものとして書かれている事も少なくありません。そのため、掲載内容が全部正しいことだとは簡単に信頼しないほうが最善でしょう。なかでも給与面においては、一般的な金額なのか?最低限もらえる金額であるのか?一番高い給料なのか?といった見極めができない人はたくさんいて独断でわかったつもりでいると、今後、後悔する可能性もあり得ます。それゆえに、後悔しないようにするためにも、募集要項に関しては、だいたいのものだと考えて、そのようなたいへん大切な事は会社側に直に問い合わせるのがベストです。