転職詐欺に注意

転職詐欺に注意

詐欺|転職のための活動を行っていて面接において絶対に質問されるのは志望動機と転職理由の2つです。

転職活動をしていて高い確率で質問されることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。このうち志望動機に限っては、思っていることをそのまま話しても差し支えないですが、これとは違い転職理由について率直に話すのはよくありません。転職理由でよくある給料・待遇に対する不満、上司と相性が悪いことなど、面接担当者によいイメージを持ってもらえるものではありません。
転職詐欺に注意

失業することによって得られる失業保険は、失業していることが給付の必要条件です・・

失業することによって得られる失業保険は、失業中でなければ給付されませんが、永久にもらえるわけではありません。失業時までに働いていた期間によって変動し、3ヶ月とか1年と決められるのですが、なんとこれを知らずに失業中である限りもらえると思い込んで失業保険があるから働かなくてもいいと考えて仕事を探さずにブラブラしている人もいますが、給付の残りが1ヶ月という段階でようやく気づいてから急いで就職先を見つけようとしてもロクなところが見つからない可能性が高い。
転職詐欺に注意

もしもあなたが、現職からの転業の決定したなら、徹底し…

仮に、現職からの転身を決意したなら、徹底して同僚にはそれを告げないように、うまく転職活動を進めていき、転身先が決まらないうちは、可能ならば社内の人間に悟られないよういつもと同じように仕事をする方がたいへんいいです。働いている間、その状態を保っておくと、万一働き先が簡単に見付けることができなくても、転身時期を先送りにしつつ、現職を続けてもトラブルにはなりません。
転職詐欺に注意

転職活動中の会社での面接での勘違いしている人が多いのです…

転職のための会社での採用面接でのよく思い違いがあるのですが必要以上に猫をかぶることです。すると正直に言って採用を勝ち取れないこともあり得ます。ですから、例に挙げるならば面接の際は「育休」などの、通常ならかなり質問しづらい内容を思い切って尋ねておくと、絶対にあなたのためにもなります。
転職詐欺に注意

転職する前には、今働いている会社の同僚たちがあなたが会社を去ろうとしているのを知ると…

もしも再就職の前に、今勤めている会社の同僚たちがあなたの転職を知ると雰囲気が悪くなる可能性があります。今までの周囲との関係によっては、これまで通りに行くこともありますが、意地悪されたり、やっかみもあるはずです。時には、残業時間を意図的に増やされてしまうことも考えられるので、軽々しく「転職します」と周囲に伝えるのは考えものです。
転職詐欺に注意

詐欺|転職エージェントに登録すれば必ず、電話やメール連絡がしつこく入ります。

「転職エージェント」は一度登録したあとに、何回も電話やメールをしてきます。これに関して初めて利用した人はとてもビックリするかもしれません。「転職エージェント」は、利用者の転職をサポートすることが業務だと考えられるので、大変積極的な姿勢を見せます。中でも特に大手のエージェントは、転職を成功させると企業から報酬がもらえるシステムなので、転職希望者の都合を考えるよりも企業側を優先させることが少なくありません。
転職詐欺に注意

詐欺|年内中に転職活動を考えている人で、次の仕事を始めるまでにある程度期間がある場合は…

これから転職活動を考えている人で、次の仕事をはじめるまでにある程度期間がある場合は、できれば失業手当をもらうことをおススメします。今働いている会社側で「雇用保険」を払っていた場合は、手続きをすれば失業手当を誰でも受け取ることができます。また、手続きについては「ハローワーク」で行う必要があります。
転職詐欺に注意

働いていた会社で性格のきつい上司に心をすり減らし、ついには…

新卒で採用された会社で嫌な感じの上司に悩み、その結果我慢の限界を超えてその会社を退職し、同業者である他の企業へ職を変えました。転職先の会社ではパワハラもなく非常に充実した毎日でしたが、少しずつ会社が収益を上げられなくなり、ついには経営統合されることになりました。
転職詐欺に注意

女性が転職するに当たって、一昔前と現在と若干、状況が変わりつつあります。

女性の転職については、今日と数年前では多少の変化があるといいます。かつては面接の場で、未婚者なら結婚の予定など、ごく当たり前に女性に質問していました。しかし、最近では、そういった内容はセクハラに該当するかもしれないので聞かない企業の方が多くなっています。世間に名の知れた大きな会社ほど、タブーとして神経質になっているといいます。
転職詐欺に注意

良い転職する先を見つけるためには、最初から行動をしなくてはいけません。

満足できる転職するを希望しているのなら、前に行動するようにしなくてはいけません。そうするには現在はどんな小さな会社も公式ホームページに会社のことを書いているというのがほとんどですから、ネットの機能を使ってあれこれを調べておくとそれとその会社について疑問点などをチェックしておくと良いでしょう。